FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 January 18, '11(Tuesday)

 快晴風あり。ここ2~3日に比べると少し寒さが和らいでいるような感じです。

 馬場は、相変わらず乾燥しているので、これから水を撒きたいと思います。

 昨日ある人にお会いした帰り道に、「美しさとは、一体何なのだろう。」という疑問がふと湧いてきて、人は、何を美しいと感じるのだろうか。どんなものを美しいと感じるものなのだろうかという思い浮かんできた。

 その人と美しさについて語ってきたわけではにのだが、何故かそんな思いがして、暫し美しさというものについて思いを馳せてみたのである。

 美しさとは、重心の安定感ではないだろうかという思いが浮かんできた。つまり目で見る美しさの根源は、バランスを保って立っている姿にあるのではないだろうか。

 そして人は、目で見るものもフィジカルの運動でも、アンバランスのままいることを許さないという機能を持っていて、もし目で見るものがアンバランスであった場合に、何とか安定したいと願ってしまい、何かを補完してバランスの安定感を保とうとしてしまうのでだろう。

 だから映画やテレビドラマで、知り切れトンボのような終わり方をすると、余韻が残るという感じがするのは、何とかバランスを取るために物語の先を予想して、安定感を保ちたいという心理が働くからではないだろうか。

 アンバランスなものに美しいと感じるものがないのかというと、究極はないということになるのだろうが、我々の能がそのアンバランスを補完する機能を持っているので、アンバランスなものに美しさを見いだすこともあるのだろう。

 また我々の身の回りに時間と距離という感覚があって、平面空間では距離、立体的空間では時間という概念があって、この概念は、アンバランスを安定化させる機能を持っているのではないだろうかという思いが浮かんできたのである。


 例えば、富士山を見たときにある距離を保って見るととても美しく感じ、その距離を縮めてしまうとその景色は荒々しくなって美しいとはいい難くなってしまうのである。つまり距離はバランスを保つ働きを持っているのではないだろうかということだ。

 また思い出は全て美しく変化するもので、今現在起きていることを美しいと感じることができるのは幸せなことだがなかなかそうはいかない。しかし時が経つと次第に良い思い出に変わるものだ。これもまた時間は、過ぎ去って遠退くとバランスをとって、安定感を持つように感じられるから、思い出を美しいと感じられるように変化するのではないだろうか。

 こんな思案を自由にしている中で、時間と距離とは同じ概念で捉えることができるものなのではないだろうかという推論に達したのである。

 



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード