FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30 August 30, '10 (Monday)

 今日も暑い夏日で、35℃を超えると猛暑日というのだそうです。

 そして最低気温が25℃以上の日は、熱帯夜というのだそうです。

 暦の上では、秋になっているようでも、まだまだ暑さは続くようです。

 
 「やる気がない」

 中国の故事に、「馬を水飲み場に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。」というものがある。

 何を欲して何を学んで何に気を遣うかは、本人がどんなことを理想や目標としているかにかかる。
 このことが机上にあるときだけではなく、行動の全てに一貫してこの理想や目標に対する意識が介在しているのかどうか。行動する現場において、自分が存在しないことほど恥ずかしいことはない。

 自分とは自分の意思という意味で、それは理想や目標であり、またそんなに大げさでなくても単なる拘りでも、行動の全てにそういった意思の存在があるのかどうかが疑わしい。

 何故行動の節々に、自分の意思が欠落している。

 行動の全てに自分の意思が介在するのは、重く感じたり煩わしかったり面倒だったりするのかも知れない。しかし、自分の損得に直接影響するようなことには敏感だ。

 自分の行動は、直接損得に影響することだと思えれば、行動の全てに自分が存在するようになるのかも知れない。

 他人が自分を見るのは、自分の行動を見る以外に見ることはできない。考えていることは行動に現れなければ、それを目の当たりにすることはできない。また心ない行動であっても、他人はその人の意思の現れだと判断する。心ないとは理不尽という狭い意味ではなく、意思が伴っていない行動という意味である。

 今私が読んでいる本の一節に、「工員が毎日何かを盗んでいるという噂が立って、監視しているとその工員は、毎日仕事が終わると手押し車に工具を積んで帰宅する。警備員はある日その工員を帰宅途中呼び止めて、手押し車の中をチェックしたところ、中に入っていた工具は全てその工員のもので、盗んだものはその手押し車に入っていなかった。
 結局警備員は盗んでいるものを発見できなかった。
 しかしその工員は毎日ものを盗んでいて、それは手押し車だったということだった。」
 中ばかり見ていて、器そのものを警備員は見なかったという話だ。

 この本は脳についての話を書いたもので、翻訳本だ。
 その本の中で、意識の存在はどこにあるかという課題で、脳のどこかに存在するという説を主張する学者やそうでないという学者が様々で、未だ解明されていないことだそうだ。
 一つの説として、意識という存在がどこかにあるということではなくて、手押し車の話の手押し車の存在のように、記憶や反射神経や筋肉や色々な機能を司る臓器そのもののように、ある臓器として意識があるのではなくて、全ての機能や臓器を囲む器として意識が存在するのではないかというものだ。

 何らかの行動が起きること自体が意識のなせる業という考え方で、私の感覚的に一番しっくり来る説でもある。

 どんな行動にも自分の意思が介在している。例え無意識に行動してしまうことであっても、無意識で行動するという意識が働いているということだ。

 只、無意識の占める範囲が多いということは、本当に恥ずかしく不幸なことで、しかも無能なことなのであり、結果が例え成功したとしても意味を持たないし、失敗すればななおさらで、修正や改正をするためにその優先課題や重要ポイントを見出すことができないのである。

 意図することが実現したり、予め計画したり想定したりして、ものごとを進めるとその通りになる。このような経験を積み重ねて成長することが重要かも知れない。意図することが実現するということを体験していると、ものごとに挑戦するときに、絶えず企画したり計画したり予めプロセスと結果を想定するようになる。しかし、努力はするけれども結果やプロセスを企画したり想定したりしないで結果を得る経験を積んでいると、行動に一貫して自分や自分の意思が介在しない度合いが多くなってしまうのだ。

 行動に自分の意思や意図が介在しない時間があることは、人生の損失であり恥ずかしいことだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード