FC2ブログ

Arena Condition

PM 7:00 February 9 , '09 ( Monday)

 今日は夜半より雨か雪という予報のようですが、現在のところ曇りでそれほど寒いという感じではありません。

 明日は、晴れのち雨になっております。
 

 工夫について、考えてみました。

 私は、自分のことを「怠け者の過労死」という風に思っています。

 それというのも、私の工夫するきっかけは何時も、面倒なこととか、難しいこととかを、簡単にとか、しなくても済むようにとかという不純な気持ちが始まりなのです。

 ですから私にとって工夫とは、
「ややこしくなくなくて、単純に」
「複雑で面倒臭くなくて、簡単に」
「できるだけ省略できるように」
「意識しなくてもできるように」
「忘れることがないように」
「忘れても問題ないように」
「一つのことで、なるべく多くのことができるように」
「テクニックを必要としないように」
「楽しくて、もっとしたくなるように」
「何時も意識している必要がないように」
「自動的にできるように」

 これらのベクトルを持ち、勿論これらの工夫をしても、生産性やクォリティを損なうことないことはいうまでもないことです。そうでないと単なる怠け者に成り下がってしまいます。

 このことは、工夫大魔神のポリシーです。


 どんな工夫であっても、その成果が工夫する以前と比べて、劣るようなことがあってはならないし、むしろ高まるようにということが鉄則だと思います。

 私が独身時代、都内の1DKのアパートに、住んでいた頃のことです。

 私は、毎日携帯する物があって、ボールペン、手帳、たばこ、ライター、財布、名刺入れ、定期入れ、これらを帰宅して、玄関を入ってダイニングルームの横の細い廊下を通って寝室へ入り、入り口のタンスの上にこれらの携帯品を全て置き、着替えをするのが日課でした。

 
 そして次の朝出社する時、着替えをしてこのタンスの横を通る時に、昨日帰宅した時に置いた携帯品を全てポケットに入れて出かける。

 毎日判で押したように、これを繰り返していました。

 もし次の日に特別会社へ持って行かなければならない物があった場合、それを予めそのタンスの上に置いておくようにします。
 こうすることによって、忘れ物をしないように毎朝気にしなくても済むし、忘れ物をする確率が少なくて済みました。

 この頃私は、家にいる時や日曜日や休暇の時に、出社時に忘れ物がないようにとか持って行かなければならい物とかを気にする必要がなくなって、気持ちの切り替えが楽でした。

 私の性格がせっかちだったからかも知れませんが、休んでいても何か約束があったり忘れてはならないような物があったりすると、気が気でなくて休暇中でも気が休まらなくなってしまうのです。そんなものだから忘れてしまっても大丈夫なように、工夫していたのです。

 また、大事な物をしまうのも、その大事な物を、毎日とか毎週とか直近に必要性がある物と、1年後とか3年後とか定期制のない物との2種類に、仕分けをしていました。

 独身時代のことですから、そんなに大事な物が沢山あったわけでありませんが、ちょくちょく必要になる物と、忘れた頃に必要となるものとに仕分けをして、別々の引き出しにしまっておくようにしていました。
 
 するとどのように仕分けしているのかがたった2種類ですから忘れようがないし、必要になった時に、そのキーワードに従って、引き出しを開けて探せば必ず出てきます。

 なるべく少ないキーワードで、成果が劣ることのないように、工夫したいと考えていました。

 私は毎日のように、馬をトレイニングするために、ライディングしています。

 馬に乗るということは、馬をコントロールすることですから、馬の行動を馬自身が判断できてしまうことは、ライダーである私の意志を馬が反映しなくてはならない領域が減るということにつながります。

 ですから、同じ場所で同じことをしないということが、大事なことになります。
 
 すると例えば、サークル運動をする時に、馬場のフェンスに沿って運動をしていると、馬は馬場のフェンスに沿うことを自らの判断で、運動するようになってしまうので、フェンスから馬の意識が囚われることのない程度に離れて、サークルの軌道を取る必要があります。
 
 この時フェンスから離れて運動をしようとするために、フェンスから離れるように、意識に絶えず置いておくわけではなくて、フェンスが見えた時に離れようと思いさえすればいいと考えるのです。

 つまり私の意識に置くキーワードは一つで、できるだけ100%コントロールしたいということだけで、フェンスを見た時に離れようと思うし、馬をストップしようと思った時、さっきと違うところを選ぶように、自動的になるという仕掛けです。

 モチベーションについても同様です。
 モチベーションを意識的に、維持しようとか上げようとかを考えることは、私にはありません。つまり頑張るために、自分を鼓舞するということが一切ないということです。

 しかし何事に対してもモチベーションが必要であることは、誰にとっても例外がある訳ではありません。

 私にとって、何をしたいのかとかどんな風になりたいのかを、明確に持つことによって、何をすればいいかが明快になります。何をすればいいかが明快になれば、自然にモチベーションが湧いてきます。

 苦しいけれど頑張ろうと、決して考えたりしません。苦しいとは、展望が見えなくなった時に起きる精神的作用ですから、展望を明らかすることが優先で、展望を明らかにしないで頑張るから、疲れてしまうし限界点に到達して、止めてしまうことに結びついてしまうのです。

 何事においても工夫が必要なのです。


 苦しかったら苦しくないように工夫することで、頑張ることが必要なのではありません。
 できなかったら、頑張るのではなくて、工夫することで何をすればできるようになるかを見つけることです。
 疲れたら休むことです。そして疲れなくなるように工夫することです。

 頑張ったり努力したりする必要性を感じた時、頑張ったり努力する必要があるということは、何をすればいいのかが明快になっていなかったり、それに挑戦するだけの体力がついていなかったりしているに違いないのです。

 また難しいと感じた時も同じで、どんなスキルが必要なのかとか、どんな課題が必要なのかを明快にすることを優先すべきことで、難しいと感じたまま頑張っても仕方のないことなのです。

 時に私は、工夫を考えるあまり返って大変忙しい思いをしてしまうことがあります。
 
 こうすれば、もっと楽になる。こうするだけでもっと色々な結果が出る。こうすることによって、あれもこれも省略することができる。なんて思いながら毎日、工夫に生き甲斐を感じて、工夫に工夫を凝らす毎日で、過労死寸前っていうのも悪くないと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード