FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:20 Temperature 14℃  Humidity 54% 晴れ  November 16,'18(Friday)


 今朝は、とても穏やかな日和です。風もありません。


 馬場は、やや重のコンディションです。今日中にはベストコンディションになることでしょう。



 回転モーメントは、とても重要なファクターで、乗馬においてこのモーメントを活用することはとても有用なのです。

 二つの回転モーメントを馬体上に形成することで、収縮や内方姿勢を作ることができます。


 上級者は、回転モーメントを活用して容易に収縮や後肢の踏み込みを実現しているにもかかわらず。初心者には脚をもっと使えといい、この要因を知らないので、初級者に脚を使うように執拗な指導になってしまうのです。そして、回転モーメントを使うことによって容易にできることを指導できないのです。


 回転モーメントは、二つの力のベクトルが平行になることによって生まれます。二つの力のベクトルが同一線になれば直線モーメントとなります。


 馬術において脚の活用が重要で、レインハンドだけに頼ることは良くないことだというのが常識化していますが、この常識は間違いです。

 レインハンドを多用すれば、例えばレインを引っ張ればライダーは、何処かでこれを支えます。このときライダーのバランス感覚が自動的に機能して、レインを引っ張る力と支える力のベクトルを同一線にしようとします。

 何故なら、同一線にならないとバランスが崩れるからです。つまり、レインを引っ張ると自然にこの力のベクトルの線上で反対向きの力で支えるのです。

 従って、直線モーメントになるので、引っ張ってもこれを支える力で後肢が踏み込みことには繋がらないのです。後肢の踏み込みに繋がらないので、もっと脚を使いなさいとか手だけに頼ってはいけないとか、非科学的なことになってしまうのです。


 このとき、レインを引っ張る力をこれを支える力のベクトルに平行になるようにすれば、回転モーメントが生まれて、引っ張る力と同量の力で後肢を踏み込ませることになるのです。

 例えば、レインを上に引っ張れば、これを支える力は下へ押すことになり、この二つの力は平行になり、回転モーメントが生まれるのです。


 そこで、レインを上に引っ張ることによって、馬を左側から俯瞰することを前提にすると、縦の左回転モーメントが生まれます。馬の口元が下方へ、ショルダーは上方へ力が向かい、この二つの力はが平行になり左回転モーメントが生まれます。そして、ショルダーが上方へ向かい、これを支えるためにライダーのシートが下方へ向かい、ショルダーとライダーのシートにかかる力が平行になり、縦の右回転モーメントが生まれます。

 馬のショルダーを中心にして、ショルダーから前で左回転モーメント、後ろで右回転モーメントが生まれるのです。この二つの回転モーメントによって、馬の前駆は屈撓し後駆はより踏み込み、収縮することになるのです。


 内方姿勢については、明日の記事に譲ることにします。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード