FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:10 Temperature 3℃  Humidity 58% 晴れ  December 22,'17(Friday)


 今朝は、とても寒く氷が張りましたが、風もなく穏やかです。


 馬場は、ベストコンディションです。


 昨日、ふと気づいたことがありました。


 私は、限界の繰り返しといいますか、ものごとの止め時は、限界点であることだということに気づいたのです。


 誰でもがそうだと思っていましたが、ふとそうではないのではないだろうかと思ったのです。


 つまり、この辺で止めようと思って止めているのではないのではないだろうかと思いました。


 人の馬に乗っている姿を見ると、そこでなぜ止めてしまうのかと思うことがしょっちゅうだったのですが、昨日初めて分かったような気がします。


 理屈っぽくいえば、外的要因で止めるかどうかを決めているのか、外的要因に関係なく止めているのかという違いです。


 外的要因とは、これ以上やっても、進まないとか、却って悪くなるとかいうことを感じることによって止め時を決めているか、外的要因に関係なくとは、先ほどのことに関係なく止めてしまうということです。


 外的要因に関係なく止める人は、止めないことも外的要因に関係なく、やりたいからやるということでやり過ぎることも多々あるようです。


 馬のストレッチをしているときに、限界というと大袈裟ですが、馬体をベンドさせると、これ以上は曲がりませんというところを抵抗感で感じ取ります。そこを限界点とすれば、この抵抗感を越えて曲がったところで止めるということです。トライした回数や時間で止め時を決めるということはありませんし、進むからといってやり過ぎて、却って馬を興奮させたり混乱させたりすることもありません。何故なら、抵抗感を越えたところで止めるので、やり過ぎることはないのです。


 万が一やり過ぎてしまっても、この一線を経験によって理解するので、2度とやり過ぎることはなくなります。


 外的要因に関係なく止めている人は、大脳が決めているということで、一貫性がなく馬が混乱しやすくなります。


 折り返し点は、限界です。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード