Arena Condition

AM 10:05  Temperature 31℃ Humidity 44% 曇り  August 28,'17(Monday)


 今朝は、曇りがちで、堪らない程の暑さは感じられません。


 馬場は、埃っぽく乾燥してきましたが、ベストコンディションです。


 「タッチアンドリリース」のバリエーション


 一定の軌道とカデンスをキープして、タッチアンドリリースを実行するとき、色々なヴァリエーションが考えられます。

 

 私がプリパーレーション(準備運動)として行うエクササイズは、馬のフレームとして、内方姿勢で様々なサイズのサークルを常歩・速歩で行います。そしてまた、そのフレームとしては、内方姿勢があり外方姿勢があり、これらを繰り返すノーズエクササイズがあります。更にまた、内方姿勢のままサークルの方向を切り替えるリバースアークがあります。

 これらのエクササイズ、つまりフレームワークとしてタッチアンドリリースを行います。


 更にまた、ステップのコマンドをとても意識して行います。ステップのコマンドとは、内方肢に対して外方肢が外側を回ってクロスするステップで、例えば、内方前肢に対して外方前肢が外側を回ってクロスするステップを、大きく内方へステップするように要求しながらタッチアンドリリースを行います。当然ですが、後肢もまたこれを行います。


 馬のフレームのバリエーションを考えならタッチアンドリリースする場合は、特に馬の柔軟性を要求します。ステップのコマンドを考えながらタッチアンドリリースする場合は、バランスワークとして行います。バランスワークとは、レインをホールドしてビットタッチしているラインをボーダーとして(境界線)意識して、ここのボーダーラインを越えてステップするように要求しますので、結果的にバランスバックを要求することと同じになります。


 そして、私の場合は、フレームワークとバランスワークを同時に要求しながら、タッチアンドリリースを行っています。


 上記のことを、左右のサークルを交互に繰り返しながら行います。決して片方のサークルを延々と続けたりしないで、少しでも進展が見られたら反対側のサークルへ移行します。

 これは、馬が怠惰にならないように、フレッシュなメンタルを維持するようにするための配慮だと考えています。


 この左右のサークルを交互に繰り返すときに、必ず外方のレインをネックへタッチした後に内方のレインでビットタッチするようにします。何故なら、これを必ず行えば、外方のレインをネックタッチするだけで、反対サークルの内方姿勢をとるようになるからです。


 更に加えるならば、タッチアンドリリースを、「尻馬」や「チョモランマ」、そして「ピーチアップ」で実行します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード