FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15  Temperature 27℃  Humidity 52%  晴れ  July 1,'16(Friday)


 今日から7月です。7月と聞けば、夏真っ盛りというイメージを持つ人が多いですが、実際、関東地方では20日頃まで梅雨で、下旬にならないと本格的な夏が来ないのです。

 しかし、今日から暫くは梅雨の中休みで、良いお天気が続くようです。


 馬場は、不良コンディションですが、今日一日で可成り回復するでしょう。


 大会で可成り馬場が悪くなってしまいましたので、来週天気が良ければ砂をもう少し入れて、馬場の土壌改良をしたいと考えています。ところが、トラクターのオイルポンプが調子が悪くて、修理しないと馬場の改良ができません。

 兎角この世は思うようにはいかないようで、トラクターの修理と砂搬入をなるべく早くしたいと思っています。


 

「第1次アクション・第2次アクション」

 

 馬に乗ってライダーが何らかのキューを出したとき、馬の反応(Reaction)は、第1次反応から第2次、第3次そして最終アクションというように、何段階かのリアクションが生まれ、ライダーの望むリアクションは、第1次ではない何段階かのリアクションである。

 

 ライダーの望む馬のリアクションとは、走るであったり止まるであったり曲がるであったりであるが、これらのリアクションは、第1次と第2次リアクションではない。つまり、走る・止まる・曲がるは、第1次と第2次リアクションではない第3次以降のリアクションなのである。

 

 問題は、ライダー自身の望むリアクションが、何段階かのリアクションであるにも関わらず第1次アクションだと思い込んでいることである。

 

 第1次リアクションとは、ライダーが馬に対してかけるプレッシャーの接触点で起きる反応であり、作用点で起きるリアクションなのである。そして、その次の第2次は支点で起きるリアクションで、第3次のリアクションは、少なくてもプレッシャーの接触点とは違う場所で起きるリアクションなのである。

 

 第1次リアクションと第2次リアクションに絞って考えれば、第1次リアクションは、プレッシャーの接触点である作用点でのリアクションで、第2次リアクションは、プレッシャーの支点において起きるリアクションだと考えられる。

 そして、第3次以降のリアクションは、第1次(作用点)と第2次(支点)のリアクションによって、第3次のリアクションが起きやすいように、第1次と第2次のリアクションによって馬の体勢(フレーム Posture)が整い、ライダーのプレッシャーに強制力はないので、馬が従順でライダーの要求に応じようとするメンタルのヘルプがなくて起きることではないのである。

 

 第1次と第2次のリアクションは、ライダーが馬にかけるプレッシャーの接触点で起きるリアクションで、その接触点とは、ビットの接触点である馬の口であり、脚の接触点である胴体であり、シートの接触点である背中である。

 従って、第1次のリアクションは、馬の口や頭や首でのリアクションであり、胴体の動きで、背中の動きなのである。

 しかし、ライダーが馬にかけるプレッシャーは、レインハンド・脚・シート単体でかけられることは希で、これらの3点を組み合わせ同時に作用させると考えなければならない。

 

 つまり、これら3つの接触点が、作用点であり支点であり力点なのであり、これらがあるときは作用点になり支点になり力点になると云うことである。

 

 第1次と第2次リアクションは、作用点と支点とで起きるリアクションで、ライダーが馬を屈撓させようとレインをピックアップすれば、作用点が馬の口であり、シートが支点となる。何故なら、レインをピックアップするときにライダーは、シートで自らの体重とレインをピックアップする力を支えようとするからである。従って、馬の口が作用点になり、馬の背中が支点となるのである。

 しかし、その逆に馬の背中を押し下げようとシートでプレッシャーをかけ、そのプレッシャーの力をビットで支えようとすれば、シートが作用点になり、ビットが支点となるのである。

 

 これらの場合、馬を屈撓させようとレインをピックアップすれば、作用点である馬の口や頭のリアクションが、つまり屈撓が第1次リアクションである。

 そしてまた、馬の背中を押し下げようとシートでプレッシャーをかければ、作用点である馬の背中が押し下がることが、第1次リアクションなのである。

 更にまた、屈撓させようとレインをピックアップしたとき、作用点では馬が屈撓すると同時に、支点である馬の背中が押し下がるのが支点での第2次リアクションなのである。

 

 第1次と第2次リアクションによって、馬が屈撓し後駆が押し下がれば、収縮が起きるということである。

 

 このとき、馬メンタルが従順であれば、ライダーの少しのキューイングによって、第3次リアクションである走ったり止まったり曲がったりすることができるのである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード