FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:20 Temperature 20℃ Humidity 41%  曇り  April 17,'16(Sunday)

 今朝は、少々生暖かい風が吹いていて、まだ雨は降っていませんが、お昼頃から夕方まで雨が降るようです。

 馬場は、ベストコンディションです。

 「What is thinking at time of Horse back」

 騎乗中に、ライダーは何を考えているのだろうか? または、何を頭に浮かべているのだろうか? 更にまた、何に心が奪われているのだろうか? そしてまた、何を葛藤しているのだろうか。

 そのとき、頭に浮かんでいることで、つぎの行動が決まる。

 馬に対してプレッシャーをかけると云うことは、何かを馬に対して求めていると云うことで、当然ライダーの頭には、求めていることが頭にあるはずだが、それだけではないはずだ。
 何故なら、何かを求めて馬に対してプレッシャーをかけたとき、馬の反応がどうなっているかがライダーの頭にあるはずだ。

 ライダーがかけたプレッシャーに対して、馬が跳ね返しているのか、逆らわずに求めたことを反応しているのか、求めていることとは違った反応をしているのか、はたまた無反応なのかである。

 ライダーがかけたプレッシャーに対して、馬の正しい反応とは、スピンやストップや駈歩発進とかではない。その正しい反応とは、ライダーの求めている運動方向と馬の反応の運動方向が合致しているかどうかである。

 つまり、ライダーのプレッシャーは、馬に対してある運動方向を示唆しているのであって、スピンやストップや駈歩発進などではないのである。

 ライダーが、自ら発進したプレッシャーの意味するところが、スピンやストップや駈歩発進だと考え違いしていると、馬がミスしたときに、藪から棒に叱るだけのプレッシャーをかけてしまうことになり、馬に対し解りやすく誘導することと叱ることとを包含するプレッシャーをかけることができなくなってしまうのである。

 しかし、ライダー自身が馬に対してかけているプレッシャーは、馬に対してある運動の方向を示唆していると思っていれば、馬の反応がそれと合致しているか、また違っていたとしてもどの程度方向がずれているかを察知して、この方向性を修正すればいいというように理解しやすくなり、馬にも理解させやすくなるのである。

 従って、騎乗中にライダーの頭に浮かんでいることは、自分自身が求めている馬の運動の方向性と、馬が反応として示した運動の方向性であって、この命令の方向性と反応の方向性が合致しているのか、どれくらいずれているのかがライダーの頭に浮かんでいなければならないのである。

 ところが、多くのライダーは、自ら発進しているプレッシャーを、スピンやストップや駈歩発進だと勘違いしているか、求めている運動の方向性を認識していないか、自ら求めていることだけを頭に浮かべていて、馬の反応がどうなっているかを気にしていないかといったことで、それは何も考えずにいるのと一緒なのである。

 馬がライダーの意に従うとは、ライダーが求めている運動方向と馬の反応の運動方向とが一致しているということなのである。

 ライダーの頭に浮かべていることは、準備運動でストレッチやバランスワークしたり、パフォーマンスのストップやスピンやチェンジリードのトレーニングしたりすることと関わりなく、一貫して馬の運動方向がライダーの求めている方向性と一致しているかどうかでなくてはならないのである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード