FC2ブログ

Arena Condition

PM 9:00 June 17, '09 ( Wednesday)

 日中は、少し晴れ間が差しました。明日は日中は今日のような天気で夕方には、雨の予報です。
 明日には馬場が回復を見せるでしょうが、夕刻の雨次第で、週末は晴れるようなので、期待できそうです。

 「フィジカルトレーニングの仕方」

 フィジカルトレーニングを効率よく1%の成功を重ねつつ上達するには、どのように頭脳を使い、どのように頭脳を使わないで、行うかを考えねばならない。

 先ず誰でもが練習するときに行うのは、それをするために必要だと思われる初期訓練を行います。その初期訓練が妥当かどうかについて触れないで話を進めると、先ずその初期動作において正しいとされる結果について意識します。

 結果については、嫌が応に意識せざるを得ないので、特別意識するようにすることはない。そこで、その結果を必然的に生み出すと覚しき要因を洗い出す。
 この洗い出した要因の中から、容易に意識できることやなくてはならない重要だと思われることを縦横に検討する。
 縦横に検討するとは、これをすることによって何が必然的に起きるのか、このことができるようになるためには何をすれば良いのかということを検討したり、何をすることによって必然的に何が損なわれやすいのか、何を注意することによって、どんなリスクが生まれやすいのかということを考えたりするということだ。

 そしてその中から2つの意識することを選び出す。これは1つでも3つ以上でもいけない。

 何故なら、1つでは、そのことが正しく行われたかどうかをチェックすることができないからで、2つにすることで意識することを別の角度でチェックできることによって、絶えず自分がやっている姿を、客観的に見えるようにすることができるのだ。
 そして3つ以上になってはいけない理由は、3つ以上を上げても実際にフィジカル運動中に3つ以上も意識することは難しいし、できたとしても意識することは大脳ですることだから、大脳を使いすぎることの弊害が出やすいということだ。

 2つに絞ることによって、自分のプレーしている姿を、立体的に監視することを可能にして、且つフィジカル運動に集中することできてシンプルになるのだ。
 そしてこの意識する2つにおけるそれぞれのメリットとリスクを、考えておく必要がある。

 例えば、脇を締めるように腕を動かすとすると、身体に沿って腕が動くようになる一方で、身体の外側へプッシュしようとする力が、減退してしまうというリスクがあるということだ。つまり何かをするようにするということは、メリットとデメリットが必ずあるので、それを知っておく必要があるということだ。
 このようにするということは、2つの意識をすることを見出すと、同時にそれぞれのメリットとデメリットを頭の片隅に置くようにすることになるわけだから、都合4つのことを頭に置くことになるということだ。

 そしてこの2つに絞られたことを意識して、実際にフィジカルトレーニングを始める。始めると嫌が応に結果が出る。その結果に一喜一憂しないように努めることが重要だ。特に結果が良かったときに、喜ばないように努めなければならない。何故ならこの段階では失敗する割合が大きいので、喜んだ反動でがっかりしてしまい、あれやこれやと考え込んでしまうことになるからで、あまり大脳に割り込んで欲しくないからなのである。

 フィジカルトレーニングに打ち込むようになったら、一心に練習して何かを感じるようになるまで、一心不乱に励む必要がある。そして大変大事なことは、何かを感じるようになるまで、反復練習を繰り返すことだ。
 
 フィジカルトレーニングとは、感覚を鍛えることだという理解を念頭に練習を重ねることなのだ。

 重要なことはフィジカルトレーニングのプログラムを、論理的に正しく分析して作るということだが、このことと同等に重要なことは、2つの意識することを定めた以上は、一心不乱に練習を積んで、身体から教えられるように感覚を感じるまで、身体から教えられることがあるということ信じて、練習に励むことなのだ。
 練習は、方針を決めて、その方針に則って行い、何かを感じ取れるようになるまで、身体からそれが伝わってくるまで、反復してこれを行うものなのだ。

 人によっては、身体から感覚を教わるという体験をしたことがないから、あれこれと迷いながら練習を積んでしまいがちなって上達を遅らせてしまう。フィジカルトレーニングは、感覚とその感覚を微細にコントロールする反射神経を鍛えるもので、筋肉を鍛錬するのはあくまでもその準備的なものだ。

 トレーニングの方針を決めて、意識する2つのことを頭に置き、後は身体から何かを感じ取れるまで、迷わずに練習に励むようにすることで、感覚を確かなものとして獲得して、それが揺るがない自信となるような循環を、作り出すようにしなければならない。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード