FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 Temperature 6℃ Humidity 54% 晴れ February 7, '13(Thursday)

 昨夜は曇っていたので、バケツの水が凍結してませんでした。

 従って、馬場も凍結していません。しかし、どろんこ状態です。

 曇りがちですが日差しがあって、風もありません。


 「我が身を振り返ると」

 このようにあれこれと思いついたことを書いていると、時々自分はどのようにしているかと思う。勿論書きながら、説を唱えるときに絶えず、自分の馬に乗っている姿を思い浮かべて検証をしている。

 それでも、書いているときだけでなく、乗っている時も他のことをしているときも、ふと自分はどうやっているのだろうと振り返る。

「絶えず自分を見る。」ということだろう。

 一生懸命自分を見るようにしているとか、自分を絶えず見なくてはいけないとか思っているわけではないが、何かを追究していると、考えに囚われて推論している内に、論に溺れてしまって自分が実際にやっていることとかけ離れてしまっているのではないかという恐怖心が持ち上がるのである。

 考えや思いと行動とが一致しているかどうかを、絶えず検証していることになる。絶えずつもりにならないようにしているのである。

 練習しているときも、繰り返し運動する中で、二つの拘っていることを、指先や見ている景色やフィニッシュの動作などでチェックしながら繰り返すのである。そして、感覚と実際の運動とが一致しているかどうかを、一回毎にチェックするのである。

 運動だけでなくて、人に話すことも書くことも、そのことをしながら自分は本当にその通りしているのかと問いかける自分が、行動している自分ともう一人いるのである。

 こうしてみると、私は、絶えず自分の言動を当事者としては勿論、第三者として俯瞰している自分を作っているのだと思う。

 馬に乗っているときもロープを投げているときも、思いついたことをしているときに、一生懸命体を動かしながらもそれだけで一杯一杯にならずに、本当にそうなっているかどうかをチェックするのである。

 今までやっていてそれなりに成果を出していることであっても、やれてしまっていることや無意識にできてしまっていることを洗い出して、何故それをやろうとしたのか、何故それをやると効果があるのかと考える。
 そうしてみると、無意識にやっているにも関わらず重要な役割をしていることがあり、そのメカニズムやどんな役割を果たしているのかが理解できることがある。

 すると、それまでできていたことなのに、その本質を知るともっと効果が現れ、更にこのことを基盤にしてより発展させることができるのである。

 そんな経験をするから、益々自分の無意識にやっていることや何気なくやっていることを気にするようになるのである。

 新しいことを思いつきたいと思うし、飛躍したいと思うのであるが、同時に何気なくこなしていることや同じ手順でやろうとしていることや、無意識に体が動いてできていることなど、つまり自分の中にあることを見るようにして、何でこうしているのか、どうしてできているのか、どうしてこんな言い方をしているのか、どうして思いついたのか等々、ものごとに興味を持つのと同等以上に自分の中を探索することもするのである。

 自意識過剰だという言葉で、子供頃人に言われたというより自分でそう思っていたものだが、最近は自意識過剰と自分の中身を探索するのとは違うということに気付いたのである。

 最近訪れた学者から聞いた言葉で、「感覚統合」というのがあって、どうもそれを子供の頃から理由は分からないが、いっていることとやっていることの一致を訓練してきたのだと思うのである。
 感覚的にやっていると思っていることと実際とを一致させる訓練をしてきたということである。

 その学者から聞いた話だが、飛んでいる蝶を目で追いかけながら見るという行為は、体や顔を蝶の動きに合わせながら追いかけるように動かすのと同時に、目もまたその蝶を追いかけるように動かして見ているのだそうで、それらの幾つかの動作を統合させて行うことで、蝶を見るということができているということで、これを感覚統合というのだそうだ。

 このことは、目で蝶を追いかけても蝶が視線から外れたときに、見えなくなったという感覚情報を織り込んで、体や顔で蝶を追跡するように動かすのであり、このことが蝶を見るということにおける感覚統合なのである。

 このことを考えてみると、人が何かをやるということは、今その瞬間に自分がどんな動作をしているのかを感知できないと、蝶を見ることができないということであり、蝶が見えないという感覚を感知することによって、自分が蝶のいる方へ顔を向けていないことに気付くと同時に、顔を向けて蝶を視線に入れるのである。

 ものごとをやるということは、それやるために訓練する時、やることとどうなっているかの二面を同時にする必要があるのである。

 私は子供頃から、感覚統合という訓練をしてきたのかも知れないのである。言行一致は、訓練が必要なのである。

 何かを口から出して、そのように自分の行動はやっているかを検証するだけのことである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード