FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 17℃ Humidity 45% 晴れ October 25, '12(Thursday)

今朝は今にも雨が降り出しそうな雲行きでしたが、先ほど晴れ間が差して、秋深しといった感じの天気になりました。

 馬場は、現在やや重状態まで回復しており、午後にはベスト状態になるでしょう。思った以上に馬場の回復が早いような気がします。

 気温も高くなく豪雨のような雨でもないのに、水はけが良くなって、何時もこの季節になり先日の雨だと、最低3日間ほどはかかっていたものが、翌日にはハローを掛けられるほどに回復します。

 馬場が、徐々に良くなってきているのでしょうか。

 梅と桜によって命の息吹を感じて、一年が始まり、秋が深まり紅葉の便りや木々の枝の葉が落ちると共に、一年が終わり、時間が止まったような冬を迎える。

 来年はどんな年になるのでしょうか。


  「ノーベル賞学者の言葉」

 IPS細胞の山中教授が、このほどノーベル賞を受賞して、NHKがこれを特集して作った番組を見た。

 その時に感銘を受けたことがあった。
 それは、実験を重要視していて、学生達に実験を厭わずに、兎に角実験をして立証する作業を懸命に続けることが重要だと教えていることであった。そして、その実験によって失敗すると学生達は、しょげたり過ちを大きく捉えたりして意欲を失ったりしてしまうが、本当に重要なことは、失敗や成功などということではなくて、実験によって起きた結果は、動かし難い事実なのだから、正面から捉えてその結果から学ぶことなのだといっているのである。

 学生達は、一度失敗をすると、それだけで自分の考えを捨ててしまって、何度も実験を試そうとしない。

 教授は、実験で一度や二度失敗したからといって、簡単に自分の発想や論理を諦めたことはないそうで、実験の結果が思うようでなくても、その結果から多くのことを学ぶことができるといっている。

 そして教授にとっても大きな出来事であり良かったことは、学生の時分に最初の実験で失敗をしたことだという。
 思うような結果でなかったその時、その結果から多くのことが学ぶことができて、そして色々な改良を施して、進歩することができる経験をしたことであったと振り返っている。
 どんな結果が出ようとも、その結果は事実そのもので、多様な結果はそれだけで愉しいし、思い通りであるかどうかに関係なく、その結果が何を現しているのかが大変興味深いことなのだという。

 つまり、仮説を立てて実験をする。
 しかし仮説通りの結果にならなかったとき、失敗を以て仮説そのものが間違っているという判断をして、自らが立てた論理を否定してしまうことをせず、その実験によってどんな作用があって、どんな反応を起こして結果がもたらされたのかを観察して、仮説や立てた論理に抵触する要因を探し出したり、論理矛盾や自分の発想の範囲を超えた現象を論証したりして、最終的には、自分の立てた論理を絞り込んだり付け加えたりして、見たこともない世界を具現化していく。

 失敗であれ成功であれ、実験の結果から学ぶことが大きいということだろう。

 だからこそ、実験をしろという。実験をして、失敗であろうが成功であろうがその結果を出せということである。

 自分の立てた論理によって実験の結果の仮説を立てて、そして実験をする。

 色々あるものの、その実験の結果によって、自分の論理を膨らませたり絞り込んだり、発想を変えたり、ときには論理そのものを捨てたりして見たことのない世界を具現化する。

 今起きていている現象や、自分が起こしている現象から学んで、見たことのない世界や目的を実際のものにする。

 学ぶことや自分の論理を進歩させることは、結果を出すために重要なことではあるが、本来の目的ではない。
目的とは、見たことの世界や目標を具現化することで、だからこそ自分の論理や仮説に拘泥することなく、今起きている現象に細心の観察眼を以て追究すべきことを怠らずに、実践するということであるということを、教授は番組を通して熱心に語っていたのである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード