FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:40 Temperature 35℃ Humidity 35% 晴れ August 13, '12(Monday)

 大変暑いですが、少々風があって湿度も低く何とか過ごせそうな感じで、昨日まで重馬場だったのが、一気にベスト状態になりました。

 世の中は、お盆休みで今日が迎え火です。

 地方地方によって風習は異なることでしょうが、今日夕刻にお墓まりに行って、家の門口や入り口にお線香を焚いて、迎え火と言ってご先祖様を迎えます。

 あの世へ逝った先祖が年に一度帰って来るという風習で、16日にはショウロウや盆船といわれる小さな小舟のような形のものに、キュウリや茄子などの野菜に割り箸を刺して、動物の足のような形を作りこの小舟に乗り込ませるように入れます。スイカや梨などの果物も載せて、16日に川に流して、やはり家の門口や入り口にお線香を焚いて送り火とします。

 そして、13日から帰って来たご先祖様は、再びあの世へ帰っていきます。

 このお盆の最中には、仏壇に普段収まっていた位牌や掛け軸などを、奥の間に盆棚といったものを設えて、飾り付けます。

 昨年のお盆から今年のお盆までに亡くなった人がいる家は、新盆と言って、親戚や親交の深かった人は、新盆の家へ提灯を送ってお見舞いをします。

 この新盆の時に、盆棚が古くなったり他のものが壊れかかったしたときに新調します。何でもない年には、新調したりしません、何故なら新しくしたりすると新しい仏様を呼ぶようなことを意味するといって嫌うからです。

 新盆の家へお盆の期間中に、新盆見舞いと書いたのし袋に如何ばかりのお金や某かの品を携えて、伺います。

 そしてこのときの口上は、「お寂しいお盆となりました。」と挨拶を交わします。

 お盆は、何となくもの悲しい風習ながら、何処か浮き浮きとさせるイベントでもありました。

 我が家は、商売をしてましたから、普段休みなく動いていたのが、お盆と正月だけは休みになるからです。そして、本家であった我が家には、親戚や遠くへ嫁いでいった叔母さん達がやってくるからで、普段とは違った賑やかさがあるからです。

 でも、16日にはお客さんも帰ってお休みを終わって、普段に帰ってしまうから、子供ながらお盆は良いものだという印象を持っていたものです。

 相当の昔のことではありますが、藪入りと言って奉公へ行ったものが奉公先が休みになるから、里帰りできる。

 三遊亭金馬という噺家の「藪入り」は傑作中の傑作で、もし機会があれば是非聞いて頂きたい作品です。

 笑いも涙もありますし、当時の風習や、お盆というものを日本人はどのように受け止めていたものかも教えてくれます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード