FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:05 Temperature 26℃ Humidity 37% 晴れ後一時雨 May28, '12(Monday)

 傘は、日差しが強いようで、じっと日向に立っていると真夏のようにじりじりします。

 少し湿度が高いようですので、夕方には一時的に雨があるそうです。

 馬場は、ベストコンディションです。



 「ワンコイン効果」

 先日開催したワンコインコンテストの効果が出たのは、約2名で、トライして今後効果の期待できそうな人が2名でした。

 効果のない人が大半で、どんな企画やアイディアを持ちかけても今回と同様で、中々効果が出ないのは何故なのでしょうか。

 効果のでない殆どの人は、3つのタイプがあって、トライしたいと思っていても、最初から自分にはできないし関係ない世界だと思い込んでしまっている人や、形だけ追いかけて本質的な要点を探がそうとしない人や、トライしてもその時に自分を見ようとせずに、結果だけを追い求めて、自分が結果を出すために正しいやり方をしていないケースです。

 そして、これらの人達は、結果が思うように出ないものだから、次第に諦めてしまうのです。

 第一に、トライしても結果が出ないケースで、結果を急ぐあまり自分を見ないので、自分が正しくやれているのかいないかを全く気にせずにやっているので、当然正しく行えていないので効果が出るはずもなく、効果が出ないだけでなく馬の反抗を作ってしまう。

 第二は、自分には関係ない世界だからと思い込んで、トライしようとしないから当前効果が現れようがない。

 第三は、形だけ追いかけて本質を探そうとしないので、肝心で重要な要素を見出していないので、当前自分を変えることができないし、自分を変えることができないから今まで通りと本質的に変わらないので、効果が出るはずもない。

 何れにしても、ミッションを絶対にやらなければならないことだとすればどうだろうか。
 何が何でもやらなければならないとすれば、その結果を出すために何をどうすればいいかを、できる限り重要な順でリストアップするでしょう。方法を事細かく重要な順にリストアップして、そのリストアップした一つ一つを正しく行うために、更に注意しなければならないことを明らかにして実行に移す。

 やらなければならないことを正しく実行するために、正しくやれているのかいないのかを確認するために、脚を使えば脚と馬のボディとの接点における接触感を以てチェックし、手を使うのであれば手と馬の口との接点における接触感を以てチェックして、自分がやろうとしていることが正しく行われているのかどうかを、その接触感を通じて判断するようにする。

 3つのケースの人達は、それぞれ事情は違っても、ここまでのプロセスは全く同じことをする必要性があります。

 しかし、自分とは違う世界で、できるはずはないと思い込んでいる人は、方法をリストアップしたときに自分ができることは何処までなのか、全くどれをとってもできそうもないと思うのであれば、リストアップされた中で最も容易にできることまでで一旦ミッションを区切り、その段階で可能な馬の状態を、ミッションとして設定して、その新しく設定したミッションを、やはり脚や手の接触感に於いて、自分が正しくやれているかをチェックするようにして、実行すれば徐々にミッションの効果が出るはずです。

 結果を急ぐあまりに、自分が正しく方法を実施できているかどうかを顧みることができなくて、効果を出すことができない人の場合は、結果も想定できているし、そのための正しいやり方も知っているのに、正しく実行に移しているのか間違ったやり方をしてしまっているのかを顧みないから、結果が悪くて戸惑って混乱しても尚、結果のみを追いかけるものだから、やっていることを修正できないし、結果もまた思ったようには決してならないのである。

 脚や手を意識的に動かしているときに、その各々の接点に於いて感じている接触感に意識を向けることができない人はいない。しかし、そんな人はいないのに、実際に自分がそうだとすれば、自然に感じることができるのに妨害しているものがあり、その妨害しているものが意識である。つまり、結果にばかり気が奪われてしまうのも、意識が結果に向いているからで、接点における感触を自覚するにも意識をその接点に向けなくてはできないし、接点に意識を向けなくては永久に自分の行動が正しく行われているのかどうかを知ることはできないのである。

 意識は自分で何とでもなるもので、心頭滅却すれば火もまた涼し、という言葉があるように、意識というものは意識だからその置き所を、自分の意志で決めることができるが、危険や不安や思い込みなどが強ければ強いほど、自然にそこへ意識が奪われてしまうものだから、その誘導にあがなっても置くべきところへ意識を向けなければなりません。

 この人の場合は、正しい結果を出したり正しいやり方ができたりするようになる前に、自分の意識の向けるところを自在にコントロールできるようになることが先決である。

 焦っているときも不安なときも恐怖心に襲われているときも、自分の意志通りに意識をコントロールすることができるように、ならなくてはなりません。

 もう一つ重要なことは、その日に気にかかったことやその時に引っかかったことを置き去りにしたり、解決したりしようとせずに、持ち越して明日を迎えてしまうことが大変良くないことだ。

 勿論課題が、必ずしも懸案事項としてステージにあげることで、その日の内に可決したり答えが見つかったりするわけではないが、懸案事項としてステージに出すように、そのことをテーマとして他人とディスカッションしたり、疑問として人に尋ねたりして、俎上に載せる作業をしておくことで、何れ答えもその正体も見出すことができるが、置き去りにしたり何らアクションを起こさずに持ち越したりすれば、何れそのことに慣れて解決しなければという義務感も失えば意欲も損なわれて、人間としての格が下がってしまうのを甘んじるようになるのである。

 向上することに対して貪欲であり、進歩することに逡巡することなく、頂を目指すときに、その方法やその時の面目に囚われるのは、愚者の行いと知るべきことなり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード