FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:50 Temperature 5℃ 曇り Fbruary 15, '12 (Wednesday)


 今日は、一日曇りのようですが、先ほどぼんやりと太陽が顔を出してきました。

 馬場は、最悪状態になってしまいました。

 このところ雨雨なので、バケツの水は凍結していません。

 今年は、梅の開花が遅いような気がします。

 梅一輪一輪ほどの暖かさ。

 二月も中旬過ぎると天気が安定しなくなって、雨が多くなってきます。今年は特に暮れから正月にかけて良い天気が続きましたので、ここで取り返しをされるような感じです。

 一年で一番寒さの厳しい季節ですが、同時に季節の変化も感じます。





「腹が立つ」

 腹が立ってしまうことがある。

 歳をとったから短気になったという人もいるし、若いから腹が立つという人もいる。
 
 私の場合、どっちなのだろうか。

 私は、若い頃から元々短気だったが、短気だからといって急にかっとなるようなことはなかった。只、思い通りにならなかったり、筋道が外れてしまったり、約束が守れなかったり破られたり、理屈に合わなかったりすると、腹が立って仕方がなかった。

 本当は過去形ではなくて、今でも筋が通らなかったり、約束が守れなかったり、思い通りにならなかったり、理屈に合わなかったりすると、腹が立って仕方がないのだが、24,25才の頃に、自分に厳しく他人は許すという一大決心をしてから、自分に腹を立てることはあっても、他人に対して腹を立てなくなった。

 しかし、三つ子の魂百までで、今でも本当は短気であることには変わりがない。
 何と未熟なことだろうか。

 「他人を許す」ということは、他人に対して関与しなくなるということであり冷淡になってしまうということだから、他人に対して関心を持たなくなるので、真剣にならないようにしてしまうのだから、腹が立たないのである。

 他人に関与しないから腹が立たないということは、他人を諦めの境地で見るということだ。

 「学んで成さざることを辛いという」という孔子の言葉を思い出す。

 「学んで」とは、理解してとか身につけてとか悟りを開いて道を知るという意味で、つまり最善で理に叶っている方法を知りながら、色々な制約があってその方法を、実施することができないことを辛いという意味である。

 孔子は自分の哲学を文書に残しているわけではなくて、全て弟子達との問答でいっただけであったが、今の時代に受け継がれているのは、一番弟子に子貢という人がいて、この子貢がこの問答を孔子が死んだ後に書き残したからである。

 この「学んで」の下りは、子貢が三番弟子の元に訪れたときの話である。

 子貢は才覚があって、この頃は裕福であったそうで、久々に三番弟子の処を訪ねて、ぼろぼろな今にも崩れ落ちそうな荒ら屋で、雨漏りが酷いような家に住んでいた三番弟子に向かって、あまりに見窄らしく見えたものだから「こんなに貧しくて衣食にも困り、辛くはありませんか。」と訪ねたところ、この三番弟子が応えて、「学んで成さざるを辛いという」「こうして貧乏していても、好きなときに学び、好きなときに畑を耕していられるのだから、幸せです。」と言い返した。
 これを聞いた子貢は、自分の不徳を大いに恥じて、三番弟子の居を後にしたという話である。

 私は、「この学んで成さざるを辛いという」という言葉が身にしみて、腹が立つのである。

 人は、誰でも天才で、今天才でなくとも、考え方を変えればその道が開ける。そしてその方法は極めて容易で、自らの感覚器官で得る触感に心を砕きさえすれば、一変する話なのである。

 何をやるかではなくて、何を感じたかでものごとは必然的に決まるのであり、何を感じているのかを認識すれば、必然的に何をやるか、どのような加減をするかを考えずとも、自然にできてしまうのである。

 このことを、何処までも突き詰めて、理解できなければ理解できるまで、正体が分からなければ一途に解るまで、何処までも神が降りてくるまでぶれずにやり続ける。

 兎に角、自分の考えを確かめることで、自分はものごとに向かい合ったときに、先ず何を考え、何処に心を奪われてしまうのか、自分の正体を知るべきで、自分の正体を知らずして、自分を変えることはできない。

 成長することに拘らず、今のままでいることに固執し、今のままでは変わらないのに、今のやり方に拘って一歩前に踏み出さない、自分が何をやっているのかに目を向けないで、やろうとしていることばかりに気を取られてしまう。

 世界一になったこともないのに、何も守るほどの地位もなければ実績もないのに、裸になれない。

 裸の王様なのに、自分が裸だということに気付かない。

 私が、その人のことを思う程、その人が自分のことを真剣に見ようとしないことに腹が立つ。

 こんなことに、腹が立って仕方がない。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード