FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15 Temperature 5℃ 晴れ January 19, '12,(Thursday)


 今朝は、気温が高いらしくバケツに氷が張っていませんでした。でも体感は、昨日と同じぐらい寒いです。

 馬場は、ベストながら大分乾いてきています。でも週末久々の雪か雨らしいので、水は撒きません。



 「最高のプロデューサー」

 練習は、できないことをできるように訓練することだという認識が一般的常識です。

 できないと思っていることをあれこれ分析するということは、難しいから面倒に思ってしまう。

 できるようになるために、練習を繰り返せば何時かはできるようになると思う人が多いらしく、失敗を繰り返してしまう。

 できるようになるプロセスは、失敗を繰り返す練習は大変リスクが大きいし、やっている内にできるようになるというのは実際にあることだが、プロセスを自分で企画してその通り実行して、その企画通りにできるようになることを実現することの意味を知る必要があるのです。

 つまり自分自身で自分ができるようになることを、プロデュースすることが重要なのです。

 そして自らのプロデュースによって、それを実現する。その成功体験をすることで、自分自身の人生をプロデュースするようになって、そしてその企画を現実のものにする積極性が培われるのです。

 自らプロデュースして、それが実現することに意味があるのであって、偶然にできるようになったからといって、できないでいるよりは増しかも知れないが、偶然にできたという経験は、何処までたっても失敗を繰り返して偶然を待つような人生にならざるを得ないのです。

 できないことができるようになるという考え自体が間違っていて、今できることが進展していくことしかないのです。できないことはできるようにはならないのです。つまり今できないと思ったり失敗したりしていることは、できないことでも失敗しているわけではないのです。

 できないこととは、水中で呼吸をしたり空を飛んだりすることなのです。誰かができていたり訓練でできるようになったりするようなことは、今できていることの延長戦線上にあることで、できないこととは違う領域のものなのです。

 ですから、失敗しても100%失敗しているわけでもないし、できないと思っていることでも全てできていないわけではないのです。

 従って、今できている1%や失敗してない1%の成功を見つけ出して、その1%の精度を上げることを、意識しなければならないのです。

 つまり自ら1%が100%に向かってプロデュースすべきであって、プロデュースできることなのです。

 失敗の繰り返しは、失敗の学習をしてしまうことになるので、失敗の学習は必要ない無駄なのです。

 日本人全員が、目の間にある課題に対して、自らプロデュースして、成功を勝ち取るという思考を持つことが必要なのです。

 今できていることがどんなことなのか、どの程度なのかを見つけ出して、そのことを進展させるためにどのようなことすればいいのか、またどのようにして成功へと導くのかを企画立案して、それを実行して目的を達成する。このことがプロデュースするということなのです。

 自分を人生の役者としての成功を収めるための、自分が自分自身のための最高のプロデューサーでなくてはならないのです。

 失敗の連続や偶然の成功を待つようなプロデューサーは、願い下げにしなくてはなりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード