FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30  Temperature 13℃  Humidity 62% 曇り  November 27,'18(Tuesday)


 今朝は、雨が降りましたがさほどの雨量ではありませんが、つい先ほど前まで降っていました。

 徐々にこれから晴れてくるようです。


 馬場は、やや重状態です。


 ふとある諺が思い浮かびまして、その諺とは「井の中の蛙大海を知らず。」ですが、中国の荘子からきた諺だそうです。


 NHKの大河ドラマで新撰組の近藤勇の台詞としていった言葉があったそうですが、何故台詞というかといいますと、記録には全くないということだからです。

 それは、「井の中の蛙大海と知らず、されど空の高さを知る。」というものだそうです。


 これらのことを調べる前に、この諺を思い浮かんだのは、ある人のことを思い出したからです。

 その人は、アメリカに行って帰ってきたとき、全てのアメリカを知ったようにいい、そして日本を小馬鹿にしたようなこといってました。

 どうして人はそうなるのだろうと思いました。何故なら、これまで何人もこんな人を見たからなのです。

 井の中の蛙がアメリカへ行って、アメリカかぶれになってしまうのは、井の中の蛙は、大海へ行っても大海を知ることはないということなのでしょうか。

 アメリカを日本から見れば大海かも知れませんが、もっと広い世界から見れば、アメリカは井のようなもので、この人はそれを知ることはないのでしょう。


 井の中の蛙は、大海をの大きさを測る術を知り得るが、大海の蛙は、その大きさを知り得ず。

 小は、大を知り、大は小を知り得ず。


 こんなことを思いました。


 人間は、知でも技でも全ては中から始まるもので、大も知らず小も知らない何時でも中にあるようなのものだと思います。より緻密にまたはより真理へと知識や技術を磨いたり、応用や変容を探究するように知識や技術を磨いたりします。つまり、遠心や求心の方向へと知識にしても技術にしても深めるもので、何時でもそのとき自分は中間にあるという意識が重要で、井の中の蛙は、イメージとして最小の世界に活きているというものになりますが、中間の世界に活きているという意識があれば、大へも小へも向かうことができるのです。




スポンサーサイト
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード