FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:20  Temperature 20℃  Humidity 56%  曇り  October 16,'18(Tuesday)


 今朝は、昨日と違って少々暖かです。曇っていますが空が明るく、これから日差しがあるようです。


 馬場は、不良ですが、昼過ぎには重馬場ぐらいまで回復するでしょう。


 運動神経は、遠心性神経といい、感覚神経は、求心性神経というのだそうです。


 つまり、運動神経は、脳から運動器官に命令信号を送る神経で、脳からから体の末端へ信号が離れていく神経なので遠心性神経、感覚神経は、感覚情報を感覚細胞が受け脳へ送る神経なので、遠くで得た情報を脳に向けて信号を送るので求心性神経経というのでしょう。


 この二つの神経は、一方通行なのです。


 そして、運動は、脳からの信号を運動器官に対して信号を送ることによって起きるもので、脳が単独に信号を送る場合と、つまり意図的に起こす運動(脳単運動)と、感覚情報を脳が認知して、その反射として脳が運動器官に信号を送ることによって起きる運動(脳反運動)とがあります。


 脳単運動と脳反運動は、私の造語ですので悪しからず。


 スポーツや職人や家事作業などにおける運動は、感覚情報に反応して脳が信号を運動器官に送って、運動器官を動かすことによって大凡行っています。この運動は、マクロとして脳が意識した目的やイメージしたものに沿ったものにしようとするものです。


 脳が意識しているものに沿った運動を使用とするとき、脳が感覚情報に反応するのではなく、単独に意図して運動しようとしてしまう傾向にあります。特に問題や課題を克服しようとする運動の場合、脳が単独に運動器官に命令しようとしてしまうのです。この運動は、訓練や練習に一番効果のない運動なのです。


 脳が単独に運動しようとせずに、感覚情報に反応して脳が運動器官に命令信号を送ることによって、練習や訓練をしなくてはなりません。従って、脳は目的やイメージを持つだけに止め、運動器官を動かしたときに起きる客体との接触感を認知するようにすることが重要なのです。このために、運動の目的を二つ持つ必要があるのです。


 運動の目的の一つは、結果としての目的ともう一つは客体との接触感に関する目的です。客体との接触感に関する目的とは、曲げたり伸ばしたり、硬くしたり柔らかくしたり、切ったりくっつけたり、速くしたり遅くしたりといったことを目的にしなくてはなりません。


 運動の練習は、脳単運動(脳が単独に行う運動)は無駄で、脳反運動(感覚情報ニオ反応する運動)が有効で、この場合は運動の目的を最低二つ持たなければならなくて、結果としてのものと客体との接触感に関するものです。



スポンサーサイト
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード