FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30  Temperature 4℃ Humidity 56% 曇り  January 22,’18(Monday)


 今朝は、どんより曇っていて今にも雨が降りそうです。しかし、予報は夕方から雪が降り明日の未明までで積雪しそうだそうです。


 馬場は、不良コンディションです。


 「相対性理論」とは、私が名付けた乗馬理論のことで、ここで言うところの「相対性理論」は、物理学的用語ではありません。


 感覚は、乗馬においてとても重要な役割を果たすものですが、どのようなメカニズムで養成されるのか確立されていないのが現状だと思います。


 色々な人が色々なことを言っていて、当てはまる人がいれば当てはまらない人がいるといった状況であり、誰もが鋭い感覚の持ち主になれるということにはなっていなくて、感覚の鋭い人はある種の才能の持ち主のようにいわれたり、極めて少数派のようにいわれたりしています。


 しかし、私は違った考え方をしていて、誰もが望みさえすれば、一流の感覚の持ち主になれて、感覚が鋭くなれば脳が活性化して、インスピレーションションやイマジネーションが旺盛になり、飛躍することができると考えています。


 そのためには、「相対性理論」が大きな役割を果たすのです。


 何かを動かすとか、何かを削るとか、何かを曲げるとかなどのように、様々な行動をするとき、必ず何かに対してという比較対象物を設定するということです。


 何かを動かすとき、何処までとか何処にとかというように、何処というのが比較対象となり、また何かを削るも何かを曲げるも、何に対してというように必ず比較対象物を想定して行うようにすれば、境界線が生まれるので、この境界線を感覚的に捉えようとするので、自然に感覚が養われるのです。


 我々の脳は、情報を簡素化して煩雑さを嫌うので、ものごとを省略しようとする傾向にあるので、動かすにも削るにも曲げるにも、最初は比較対象物があっても、慣れてくるとその比較他州物を省略してしまうものです。感覚が養成された後で省略することは良いことなのですが、感覚が養成される前に省力してしまうと感覚は養成されずに、何ごとも曖昧になってしまいます。


 従って、何か行動するとき必ず面倒がらずに比較対象物を想定して、相対的に動かしたり曲げたりするようにすれば、我々は境界線を意識するので、曖昧になることがなくなるので、感覚が養成されるのです。


 我我人間がコミュニケーションのツールとして言葉を使います。言葉とはものごとを特定するものです。特定するとは他のものと区別することです。つまり言葉は、相対性理論の働きを円滑にするための道具なのです。


 従って、「相対性理論」とは、言葉のルーツなのです。


 人間が、馬の動きをコントロールするために馬とコミュニケーションする。そのコミュニケーションのためには言葉が必要で、その言葉が「相対性理論」なのです。

 何かを表現したり行動するときに、比較対象となるものごとや場所などを想定した上で行うことは、言葉を使うということになるのです。


 人間は言葉を持つことによって、自分の心や考えを特定することができるようになったのです。自分の考えや心を特定することによって、他人や動物とコミュニケーションできるようになったのです。


 「相対性理論」という言葉を使って、行動や表現してみては如何でしょうか。




スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード