FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:20 Temperature 24℃  Humidity 37%  晴れ  June 5,'17(Monday)


 今朝は、少々雲がありますが日差しがあり、暑くなりそうです。


 馬場は、真夏のビーチのように真っ白くさらさらな状態です。


 乾燥して埃が舞い立ちます。


 さて、今週末に何か発見がありましたでしょうか。


 土曜日のアリーナコンディションで、バックアップについて一つの提案をしました。


 一人はっきりと今までとの違いを出した人がいました。この人に話を聞いてみたところ、やっとこれまでいわれたことの筋身が通ったといい、スタートラインに着くことができたそうです。


 バックアップは、後退でありますが、問題はその内容にあります。後肢の可動域の拡大、後駆の柔軟性、そしてバランスバックがその目的であります。


 これを成すために、ビットをピックアップをし、このときの支点がシートとなります。


 馬がバックアップすれば、ライダーはこれに騎乗しているので、ライダーもまたバックアップするわけです。つまりビットとシートは、平行移動となりますので、ビットとシートの距離は変わりません。この距離が変わらなければ、バックアップの目的は達成できません。それでは、その目的を達成するためには、ビットとシートの距離が収縮されなければ、後肢の可動域が大きくなったり、後駆が柔軟になったり、バランスバックしたりしないのです。

 従って、ビットとシートの距離が縮まるようにバックアップすることが重要なのです。


 このためにビットが真上にピックアップし、真上にピックアップするとライダーはグランドに対して上体が垂直になりますので、シート圧力は真下に向かうことになります。このように、真上と真下の2方向の力がかかることによって、馬体には回転モーメントが生まれます。馬体を左側面から俯瞰すると、右回転モーメントが生じます。この右回転モーメントは、後肢をより深く踏み込ませ、そのために後駆により多くの負荷がかかり柔軟性を養成し、バランスバックを実現します。


 この逆に、ビットとシートの位置が縮まることなくバックアップすれば、馬を左側面から俯瞰すると左回転モーメントが生じて、後肢は馬体の後ろにステップするようになり、馬はバランスフォーワードとなりますので、このバックアップの目的が達せられることはないのです。


 今月のホースマンズコラムの記事に書いた通り、ライダーのインテンション(意図)が何処に向くかによって、その結果は、まるで違うようになるということですので、同じバックアップでも、ビットとシートの距離を縮めようとしながらバックアップするのか、バックアップすればいいというだけでするのかによって結果がまるで違うのです。


 皆様の大きな飛躍を期待します。




スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード