Arena Condition

AM 10:00  Temperature 15℃ Humidity47% 晴れ April 4、’17(Tuesday)


  昨夜時雨があって、雷と雨が一時降りました。


 今日は、お昼までには、やや重状態になります。今でも大分良いですが、お昼頃までにはもっと良くなると思います。


 

「マクロの重要性」

 

 

 運動の目的を達成するには、3つの器官が組織的に連携しなくてはならない。その3つの器官とは、脳と感覚器官と運動器官で、これらが組織的に連携しなくてはならない。

 

 この3つが組織されるためには、脳は運動のマクロの目的やイメージを持つことで、感覚情報(受信情報)を感覚神経を経由して脳へ送信し、脳がこれを認識して、運動器官は認識した感覚情報に反応するように運動するというシステムである。

 

 この組織的連携の障害となる要素があって、この障害要素が働く人は、運動神経が鈍いといわれたり、空気が読めないとかいわれたりするのである。

 

 3つの器官が組織的に連携するには、能動的にやるべきこととやらないようにしなくてはならないことがあり、ほぼ脳がこれをやればいいのである。

 

 脳がやるべきことは、行動の目的やイメージを持つことで、できるだけ具体的に持つことができるように、サンプリングを参照することである。そしてまた、運動の最中に視覚情報を遮断する。視覚情報を遮断することによって、視覚以外の感覚情報を認識することに繋がるのである。さらに、直接運動器官を運動させようとしないことである。脳が直接運動器官をコントロールするように思ってしまうことによって、運動器官が感覚情報に反応するように連携することを妨害するからである。

 

 脳がマクロの目的やイメージを持ち、視覚情報を遮断することによって、映像以外の情報を認識するようになり、視覚以外の感覚情報を脳が認識すれば、この認識に反応するように運動器官が運動し、脳の持つマクロの目的を達成する。

 

 脳がしなくてはならないことは、運動の目的やイメージをより具体的に綿密に持つようにすることで、結果が悪くても、直接運動器官をコントロールして改善しようとしたり、視覚情報に基づいて思考したりしないことである。

 

 マクロの目的やイメージを論理的に構築したり、認識した感覚情報(視覚以外)について追求や推測や想像を葎したりすることである。

 

 運動器官が充分に機能するには、もたらされる感覚情報を認識して、その感覚情報に反応するように運動することにある。

 

 日常生活の殆どは、このようなシステムで機能している。また、人間以外の動物は人間ほど大脳が発達していないのに、充分に生命体として不自由なく生態系を維持しているのは、感覚情報と運動器官の連携が確保されているからなのである。

 

 従って、人間が大脳を特別に発達させていることは、今日の大脳の活用の仕方として間違っていると考えることができる。

 

 視覚情報が特別な感覚情報で、光を感知する感覚が視覚であるが、この光情報を脳が持つ視覚以外の色々な情報でこれを補完して、意味ある映像として形成しているものだから、脳がこの光情報を補完するデータを持っていなければ、全く理解できない情報でしかないのである。

 

 テレビの音を消して見れば、我々はその映像が何を意味しているのか全く理解できない、しかしラジオの音声は、我々が理解もできるしイメージを形成することもできる。

 

 そこで、我々は意図的に視覚情報を遮断することによって、その他の感覚情報を邪魔する障害が消えるために、触覚などの情報を認知し、この情報に反応するように運動器官が動くシステムが機能しやすくなる。

 

 このとき、マクロとして行動の目的やイメージ持っていなければ、視覚以外の感覚情報を認知していても、機能的に運動しないのである。

 

 至極当然な論理だが、視覚情報に頼って日常運動していると、この視覚情報に誘導されるようにマクロの行動目的やイメージを持つので、視覚情報を遮断するとマクロの行動目的やイメージが徐々に消えてしまうのである。従って、視覚情報を遮断することによって、視覚以外の感覚情報を具に認知するようになっても、運動器官はこれに的確に反応してマクロの目的を達成するようにはならないのである。

 

 視覚情報は、他の感覚情報に比べて圧倒的に容量の大きい情報なので、光情報を処理するために脳を拘束して他の感覚情報を脳から追い出してしまう。

 

 視覚情報の処理能力とは、他の感覚情報への変換能力なので、触覚や聴覚や嗅覚や味覚などの情報に変換しなくては、光情報である視覚情報は処理できない、つまり理解できないのである。

 

 従って、触覚や聴覚や嗅覚や味覚などの感覚情報によるバックデータを脳が持っていなければ、視覚情報は処理できないのである。

 

 さて、行動の目的やイメージを総称すれば、概念である。

 

 概念とは、意図や意識によるものだと人は思い込むが、多くの場合は体験や環境によって形成されるし、持っている概念を自覚していない人が多いのである。



スポンサーサイト
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード