FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:40 Temperature 12℃ Humidity 44% 晴れ March 29,'17(Wednesday)


 今朝は、雲少々ありますが日差しがあり晴れています。


 馬場は、不良コンディションですが、今日中には大分回復すると思います。


 桜の便りが全国各地から届くようになって、もうすぐ4月になり春らしくなってきました。


 

「感覚統合」

 

 感覚統合という言葉を、聞いたことがあるでしょうか。

 

 この言葉を知ったのは、7~8年ぐらい前でしょうか。発達障害者の乗馬をやっている大学の教授が来訪されたときでした。

 

 健常者であっても、熟練と未熟とでは感覚統合の精度が違うのではないだろうかと考えている。

 

 先ず感覚統合とは、飛んでいるものを目で追うと同時に身体をその方向へ向けるという動作のことで、つまり、飛んでいるものを見ようという目的に沿って、視覚で追いかけることによって、物体の動きを視覚情報として捉え、この情報に沿って運動神経を使って身体をその方向へと向きを変える。

 

 つまり感覚統合とは、マクロの目的に沿って、複数の感覚器官で感知する情報を統合して、運動器官を駆動させることを以て対処する機能をいうのである。

 

 目でものを追うことと同時にその飛ぶものを追跡するように、その方向へ身体を向けるという感覚統合は、ものを見るという目的に沿って、視覚情報が中的存在として、その他の感覚器官や運動器官が統合されて機能しているということである。

 このとき、視覚情報が中心的存在であるが、身体の向きを変えることによって平衡感覚や何かに掴まって支えているとすれば触覚も、つまり中心的存在は視覚であるが、その他の感覚情報も加味されているのである。しかし、脳は主に視覚だけを認識しているのである。

 

 感覚統合は、目的に沿って中心的感覚情報を脳が認識すれば、その目的に必要なその他の感覚情報も自動的に統合されるということである。

 

 従って、感覚統合において重要なことは、目的をできるだけ明確にすることやイメージを詳細に持つことと、そしてもう一つは、中的存在となる感覚情報である。

 

 中心的感覚情報とは、目的を成すための作用点の作動に関わる感覚のことで、ものを目で追跡するのであれば視覚であるし、ものを動かすのであれば触覚であるし、自転車に乗るのであれば平衡感覚であるように、目的に成すための中心的存在の感覚情報を間違えば、感覚統合は正しく機能しないのである。

 

 中心的存在の感覚情報の選択を間違うことは殆ど起きないが、視覚だけが他の感覚から中心的存在の地位を奪う。

 

 ものを見る以外の行動においても、視覚が中心的存在に居座ろうとするのである。特に未熟な技術の分野において、この症状が顕著に見られるのである。

 

 作用点において行う行為に直接関係する感覚情報を、中心的存在にすることを以て行動すれば、感覚統合は正しく行われ、結果が悪くても視覚にその存在を奪われないように続ければ、正しく感覚統合が行われる状況の中で技術が向上し、技術向上の過程において、必要な感覚情報を把握することによって目的やそのイメージがさらに明確になり、目的やイメージが明確になることによって、必要な感覚情報もまた綿密に把握できるようになるという相乗効果となり、結果が好転する。

 

 この正しい感覚統合による成功の循環は、一例に過ぎない経験ではなく、その後の行動においても、間違わずに中心的存在である感覚情報を視覚に奪われずに選択をすることができるようになり、例外なく結果を成功に導く感性を養うことができるのである。

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード