FC2ブログ

Arena Condition

AM 8:55  Temperature 6℃ Humidity 32% 晴れ  February 8,'17(Wednesday)


 今朝もよく晴れて風がありますが、これから風が止み、日中はとても穏やかになるとのことです。


 馬場は、ベストコンディションです。


 明日は、雨や雪の予報が出てますが、ご当地は、降らないようです。降ったとしても良いお湿り程度のようです。


 我が梅の木の花が7分咲きとなりまして、春近しという感じです。この季節は、寒いですが良い天気が続きます。これから暖かくなると、天気が不順になって、花粉が飛びます。


 春は、一年で一番好きな季節だったのに、この頃は一番憂鬱な季節となってしまいました。


 根性なしで、2年前に花粉症で体調があまりに悪いので、薬に頼りました。それからは、薬依存症で、中毒患者です。



「我が身を見る」

 

 我が身を見るということは大切だが、できているようでできないのがこのことで、自分の思うようにならないのが自分自身なのかも知れない。

 

 自分の言行一致を気にすることは大切だが、思い込みになりやすいので注意しなければならない。何故なら、自分の体を動かせば、動かしたという実感に基づいて認識するので、言行一致は当たり前のようにできていると思うのが普通なのである。

 しかし、身体を動かしたという実感には、脳が運動器官に指示命令をして身体を動かしているので、脳の命令を以て認識する場合、運動器官が動いたことを以て認識する場合、物体との接触感を以て認識する場合の3段階が考えられる。

 

 認識の信用性は、1番が物体との接触感による認識で、2番目は運動器官の運動による認識で、3番目が脳の指示命令による認識である。

 

 また、認識の優位性は、信用性の順番と逆になり、脳の命令による認識が1番で、運動器官の動きによる認識が2番で、物体との接触感による認識が3番目だ。

 

私の仮設では、認識する順番の早いことと優位性が関わっているのではないだろうかということである。何故なら、最初に認識するのは、脳の命令による認識だから、認識した段階で次の情報を無視してしまうからではないだろうか。従って、最後の認識をするまで認識を確定しないようにしなければ、3番目の認識まで脳は追いかけずに、情報が届いても無視して聞こうとはしないのである。

 

つまり、脳は早く認識したいので、最初に来た情報を優先して認識するシステムを持っているので、認識を物体との接触感による認識まで確定しない必要があり、そうでなければ信用性の高い認識を持つことができないのである。

 

しかし、言行一致を第三者に証明してみせることを意識すれば、認識を確認するので3番目の認識まで認識を確定しないことを自然に人は行うのである。

 

プロフェッショナルはレベルが高く、アマチュアとは確実にレベルに差があるのは何故だろうか。

第三者に自分のパフォーマンスを見せること目的としているか、そうでないかの違いがあって、第三者に対してパフォーマンスを見せるとなると、自分の行動の認識を一番遅く来る情報まで確定せずに待つようになるからで、自分の行動に対する認識の客観性が、アマチュアとプロとでは格段に違うからそのパフォーマンスのレベルも違ってしまうのであり、その違いは、認識を確定するのを急がないというより意識的に遅らせているからなのである。

 

できていてもまだできていないとか完璧ではないとかのように、できたという認識を確定せずに、確認を繰り返して認識の精度を高めようとするので、結果的にレベルアップするのである。

 

従って、認識の確定によって、差が生まれるという理論が成り立つのである。

 

認識の確定を遅らせるためには、少なくても3番目の物体との接触感による認識まで認識の確定を遅らせることが必要で、第三者の目を気にすれば誰かに自分のやっていることを見せるという意識を持つから、自然に人は物体との接触感を以て認識を確定するようになるのではないだろうか。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード