FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15  Temperature 6℃ Humidity 44%  快晴  December 8,'16(Thursday)


 今朝は、雲一つなく晴れました。少々風邪がありますが、今のところは大したことありません。


 馬場や、やっとベストコンディションになりました。


 長いこと天候が不意順で、馬場が良いコンディションにならず、ご不便をお掛けしました。


 週末まで良いコンディションでいけると思います。


 おさらい会の第一日目が4日(日曜日)です。午前10時からスタートだそうです。


 そして17日(土曜日)が、第2日目で最終日です。


 17日(土曜日)のおさらい会終了後の恒例となりました、2016年の忘年会です。


 そして、恒例のスピーチでは、「今年できるようになったこと」です。


 準備は、宜しいでしょうか。


「脳の使用法」

 

 我々は、脳の取扱説明書を読んだことがあるでしょうか。

 

 運動器官の取扱説明書は、至る所で見ることができるが、脳の有効な使い方を見たことがない。脳科学の分野からのクイズ番組があるものの、ことさら解りやすく説明しているものはない。

 そして一般常識として、知識を広めることや記憶することが、脳を訓練することだと信じられていて、日本の教育体系は大凡のこの考え方で構想されている。

 

 日本経済を立て直すために「アベノミクス」が対策として立てられている中で、如何にも政府の政策によって日本の経済が良くなる、また良くならなければならないという観点で議論されている。しかし、本来政府は、国民が豊になったり国が発展したりするためには、やってはならないことの方が重要で、やるべきことはさほど重要ではないのである。

 

 かように、脳は、やってはならないことの方が重要で、運動器官が効率よく精度の高い運動ができるようになるためには、やってはならにことをすれば、運動器官の能力を削ぐことに繋がるのである。

 

 そして、意図を作用点へ向けることが、脳の理想的使い方に近づく方法なのである。

 

 脳と運動器官との関係は、脳が行動や運動のイメージや目的やマクロとしての構想などを思い浮かべるだけで、運動器官はこれを共有し、これに沿った運動をしようとするというものである。

このとき同時に感覚器官がその状況を感知して、その情報を脳へ送り、意図が作用点へ向かっていればその送られてきた情報を脳が認識し、認識さえすれば同時に運動器官はこれを共有するので、これに沿った運動をして、さらにまたそのときの作用点での状況を感覚神経が脳へ送るという循環で、運動器官の動きは脳が構想していることと一致する方向性の元で、修正されながら精度が高まっていくのである。

 

 しかし、このとき大脳が日本政府のように、民間の活動に直接成長戦略とかって特別な支援や規制を施すことによって、民間は自由に発想や工夫をすることができなくなるだけでなく、政府を頼りにして依存心が高まり自立心が阻害されてしまって、活力を失い成長しなくなるように、意図が作用点へ向かわずに力点や支点へ向かえば、力点や支点の情報を脳が認識すると同時に作用点の情報を認知しなくなり、脳が作用点の情報を認識しないので、運動器官は脳の認識を共有するので、作用点における現象としての行動の目的を達成することはできないのである。

 

 力を出力して外部環境を変えるということは、3点間の相関関係が形成しなければできない。

 

 このとき、3点間が連携するには、意図が作用点へ向かうことでできることで、力点や支点へ向かったのでは、連携しなくなってしまうのである。

 

 脳は本来、行動の主導権を握ることで、それはマクロの構想や方向性やゴールを持つことで、一つの運動器官の動きについても、その中でもマクロの構想と方向性とゴールを持つことであり、決して運動器官そのものへ指令をすることではない。

 そして、脳がものを考えたり何らかを発進したりするのは、独自にスタートすることではなくて、感覚神経から送信される情報に反応するようにスタートするのが本来で、行動の初動作は、あくまでも脳が情報を得たいためだと理解すべきなのである。

 

 つまり、初動作は、行動の失敗や成功を目的とするものではなくて、様子を見るために初動作を起こし、そのときに作用点の情報を見て、何を構想すべきかを探し当てるという仕組みなのではないかと思うのである。

 

 何れにしても、脳は全体的構想やそのイメージを持つだけに止めて、作用点に意図を向け、その作用点において起きた情報を認識して、その認識は構想やイメージをリニューアルするかより具体性を持つかというために活用して、決して運動器官に直接指示や命令をしてはならないし、何処の筋肉や何処の関節をどのように動いているかという映像をイメージすることは積極的にすべきだが、意識的に運動器官を動かそうと思ったり何処かの筋肉に力を入れようとしたりすることは禁物である。

 

 行動や運動の目的やイメージを持ったら、実行して作用点での感触を認識し、認識できれば自動的に脳が抱いている構想に結果が沿っていくようになり、作用点における情報の認識によって、構想のリニューアルが閃きとして起きて、この閃きが運動を飛躍させるのである。

 

 特に大脳は、使わないように働かないようにすることで、より能力が高まる。

 

 このとき、最高の結果を妥協せずに求めると同時に、大脳はより使わないようにより働かせないように努めれば、大脳は優秀に訓練することができるのである。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード