FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30  Temperature 5℃ Humidity 29% 快晴  December 30,'16(Friday)


  今朝は、雲一つなく快晴ですが、少々風があり、とても冷たく感じます。


 馬場は、昨日ほどではないですが凍結しまして、解けると重馬場だと思います。


 2016年営業の最終日です。

 明日の大晦日と元旦は、お休みして、2日(月曜日)から2017年の営業をスタートします。


 お正月には、ベストコンディションの馬場で、皆様をお迎えできると思います。


 

「運動の起点」

 

 運動の起点は、支点だ。

 

 支点が、本部であり本社であり本店で、ヘッドクォーターである。

 

 作用点・力点・支点の3点において、運動の基点が支点で、作用点と力点は、支点から発進したパワーが作動していると考えられる。

 

 支点は、あらゆる運動における力の発信基地なので、当たり前すぎてその位置や体勢が絶えず意識下にあるとは限らないのである。

 

これに比べて、運動の目的である作用点や力のアウトプットの力点は、任意で作動するところなので、その体勢や位置は意識下にあるといえる。

 

 何故なら、作用点は、運動の目的なので、その目的がなければそもそも運動自体を始めないので意識下にあるのは必然であり、力点もまた作用点の目的を成すべく力をアウトプットするところなので、作用点の状況を感覚的に認識すれば、これに反応するように対応が起きるので、意識下にあるか無意識であるかはそれほど問題にはならない。

もし力点に問題が起きるとすれば、作用点の状況を感覚情報の認識に問題があるときで、誤認識または無認識による問題だと考えられる。

 

 支点は、力点でパワーのアウトプットのための基点なので、通常無認識であり、力点においてパワーの限界やアンバランスが起きたときに、初めて支点で対応しようとするのが通常のシステムなのではないだろうか。

そして、このとき支点での体勢や位置を変えることで、力点におけるパワーの限界やアンバランスに対応しようとするのである。

 しかし、力点で問題が生じていないときや生じているという認識がないとき、支点において何らかの対応しようとするには、任意として意図が働かなければならないのである。

 つまり、力点で問題が生じているという認識を持たないときは、態々支点で何かをしようとは思わないということだ。

 

 ところが、世の中の名人といわれる人達の仕事ぶりは、その殆どが支点での対応を絶えず行っている人達で、一見力点での仕事が巧みに見えるかも知れないが、安定した微細な作業をするには、支点での対応が巧みであることが必要であり、大きなパワーを発揮するためにも支点での対応が必要不可欠なのである。

 

 力点でだけで仕事や運動をしようとしている人のことを、不器用と呼ぶのではないだろうか。

 

 昔から腰で仕事をしろとか、脇を締めろとか、最近の流行りの体幹という言葉は、作用点・力点・支点の3点において、特に支点を基盤にして運動をしようという試みなのではないだろうか。

 体幹トレーニングなどといわれるのは、日本では昔からいわれていたことで、何も今に始まった話ではない。

 

 問題は、支点での対応を常として、運動や仕事するにはどうすればいいかということである。

 

 柔道や剣道などの武術において、構えとか型というものが重要視されているのは、運動の出発点であり起点であるあるべき支点の位置や体勢を身につけることが重要だからではないだろうか。

 

 以上のことを勘案すると、支点がどうあるべきか、作用点や力点に反応するだけで良いというわけにはいかないことを現していて、意識的に訓練しなければ支点のあるべき理想を、追求することはできないということなのではないだろうか。

 

 さて、もう一つ重要な問題がある。それは、メンタルの問題である。

 

 それは、通常の場合、作用点と力点が意識下にあるものだから、その対応を作用点と力点のみでしてしまうということである。

 

 意識下にある範囲で、対応しようとするのは当たり前だが、スキルアップや結果の飛躍においても、作用点と力点においての工夫で対応しようとし、これでできないときネガティブになったり挫折したりしてしまう。つまり、作用点と力点での対応で、自分の限界だと思ってしまうのである。

 

 一昔前は、子供時代に手伝いを強いられたり仕事を言いつけられたりすることは当たり前で、子供時代に腰を使って働くことを身につけて育つのが当たり前だった。

 

 この当たり前の生活で、子供時代に支点を運動の基点とすることを自然に身につけていたので、何ごとも支点で対応しようとするのが当たり前にできていたが、現在の日本人は、支点を基点にして運動することができないように育ってしまっているので、態々金をかけて体幹トレーニングなどと流行り言葉に踊らされて訓練しなければならないのが現状なのである。

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード