Arena Condition

AM 9:00  Temperature 26℃  Humidity 46%  曇り  August 27,'16(Saturday)


 今朝は、台風の影響か曇っていて、風が吹き気温が低めです。


 馬場は、未だ水溜まりがあるものの、大分回復しました。


 今日は、これから荷物と馬を積んで、昼過ぎに九州福岡へ向かって出発します。


 明日朝早く到着の予定です。


 The 6th West Japan Championship 2016


 主催  カナディアンキャンプ乗馬クラブ


 公認  The Pacific Riding Horse Breeders Community


 日時  9月1日(木曜日)から 9月3日(土曜日)


 会場  福岡県馬術競技場 (福岡県古賀市)


 The Day 1st         AM 10:00        Open DV  1st Go Round

  9月1日(木曜日)

                                                    Non Pro DV 1st Go Round


 The Day 2nd          AM 10:00      Ancillary Class

 9月2日(金曜日)

                                                   Green DV


                                                    Ltd Non Pro DV



 The Day Final           AM 10:00      Non Pro DV 2nd Go Round

 9月3日(土曜日)

                                                     Open DV  2nd Go Round

 



「ストップ(停止) (常歩・速歩・駈歩からの停止。)

 

停止は、動いている状態からその動きが止まるということで、動いている状態とは、そのものが持つ位置エネルギー(質量+高さ)とそれを支持する支持力との相関関係により起きる現象である。

 

つまり、支える力とそのものの重量との相関関係で、そのものの重量より支持力が大きければものは動かず停止し、支持力の方が小さければものは動くということなのである。

 

質量と位置エネルギーと運動エネルギーとの関係は、面倒臭い話になるので省略することにして、動いているものが停止するには、運動エネルギーより支持力が大きくなることが必要なのである。

停止している状態は、そのものの重量と支持力との相関関係で支持力の方が大きければいいが、動いているものが停止するには、そのものの運動エネルギーより支持力が大きくならなければ停止することはできない。

 

例えば、運動エネルギーとは、そのもの質量(重量)がある高いところに位置することによって、位置ネルギーが生まれて、その高さが高ければ高いほど位置エネルギーが大きくなる。そしてその高いところから落とすことによって、位置エネルギーが運動エネルギーへと変換して、位置エネルギーが落ちた分だけ小さくなり、運動エネルギーが落ちた分だけ大きくなるという関係で、そのものがある高いところまで上がって落下する直前に位置エネルギーが100%で運動エネルギーが0%になり、落下を初めて丁度半分の高さまで落ちたとき、位置エネルギーが50%になり運動エネルギーが50%になる。そして地面まで落下した時点で、位置エネルギーが0%で運動エネルギーが100%になると考えられている。

運動エネルギーは、高さだけでなく筋力などの動力で押せば、その分だけ大きくなるのである。

 

従って、動いているものが停止するには、そのものの重量より支持力が大きければいいのではなくて、運動エネルギーより大きな力の支持力が必要なのである。

 

動いている馬が停止するには、そのときの運動エネルギーより支持力が大きくならなければできない。

馬術的には、支持力を発揮するのは4肢であり、その4肢または2肢が重心より前に位置して支持力を発揮するようにしなくてはならないのである。そして、支持力を大きくすると同時に運動エネルギーを小さくすることも必要で、運動エネルギーを増幅する働きをしている馬の頭の伸縮を止めることで、運動ネルギーを減少させることができるのである。

 

ライダーが動いている馬をストップさせるとき、レインを引いて馬の頭の動きを抑制するのは、運動エネルギーを減少させていることになるのである。しかし、支持力を大きくしていることにはならない。

 

支持力を大きくするには、重心より前に4肢が位置しなければできない。前肢の2肢は、元々重心より前に位置しているので、後肢の2肢を重心より前に位置させるようにしなくては、支持力を大きくすることはできないのである。

 

馬の頭の動きだけを止めて肢の動きを止めないようにすれば、運動エネルギーを小さくして支持力を大きくできる。

 

レインを引いて馬の頭の動きを止めることは、運動エネルギーを小さくしているだけでなく重心が前に出ることを抑制しているので、重心と肢の位置関係においても影響を与えているのである。

 

そして、馬術的には、重心移動が先に動いて後にステップする(メカニカルムーブメント)と、肢の筋力によって重心移動を促して動く(テクニカルムーブメントがあり、このテクニカルムーブメントの場合は、4肢が重心より先にグランドに着地するので、絶えず支持力が大きくなっているので、馬の頭の動きだけを抑制すれば、馬は容易に停止できる。

 

しかし、メカニカルムーブメントの場合は、前肢だけが重心より前に着地していて、後肢は重心の後方に着地しているので、馬の頭の動きを抑制するだけでは、支持力が大きくなりきれないので停止が難しいのである。




スポンサーサイト
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード