FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15  Temperature 25℃  Humidity 44%  曇り  May 26,'16(Thursday)


 今朝は、どんより曇っていて、夜遅く明日の日中まで雨になりそうです。


 馬場は、少々乾燥気味です。


 明日は、天気が良くなさそうですが、週末は天気が良くなりそうです。


 できれば、今週末クリニックをして、先週日曜日に実施したクリニックをしっかり誰もができるようにしたいものです。


 乗馬や馬術を単純化して、尚かつ、自動的に感覚的にその成果を追いかけるようにできると、馬の反応をリアルタイムに把握するので、その反応に対して的確なフィードバックができるというシステムです。

 フォーエグザンプルとして、水の入っているバケツを持ち上げることを例に出すのは、バケツを持ち上げようと意識しているので、自動的にバケツが持ち上がっているかどうかが最大の関心事になり、その重さに適応した力でバケツを持ち上げるというシステムを理解して欲しいからなのです。


 この単純なバケツを持ち上げるという作業は、人間は瞬時にもの凄いことをしていて、バケツを持ち上げる作業をしているのです。

 それは、水の入っているバケツの重さに少しの誤差もなく力を加えているのであり、バケツの重さを瞬時に感じ取って、その重さに適合した力で持ち上げているが、人は、バケツを持ち上げようと意識してると、これらのことを瞬時にでいる能力を発揮できるシステムを持っているということなのです。


 しかし、バケツの水を何処かへ運ぼうと意識して、バケツを持ち上げることを意識しないということがあれば、このシステムは機能しないことになるのです。


 乗馬のとき人は、バケツを持ち上げようとしているにも関わらず、バケツを持ち上げることを意識においていないのです。つまり、後肢を踏み込ませるとか、内方姿勢を取るとか、収縮や屈撓などを意識して、肝心の目の前のライダー自身がしている行動を意識していないのです。従って、バケツが持ち上がっているかどうかを、自動的に感覚的に追いかけようとはしないので、当然持ち上がっているかどうかに即応して力を自動的に加減するようにはならないのです。


 従って、ライダーは、今している目の前のことを意識して行動すべきなのです。


 例えば、馬の首を曲げるとか、頭を左右どちらかへ持ってくるとか、肩を持ち上げるとかなどを意識において、レイン操作をしなければならないのです。そうすることによって、ライダーの最大の関心事は、馬の首が曲がったかどうかであり、馬の頭が左右どちらかへ動いたかどうかであり、肩が持ち上がったかどうかになり、これらの成果を感覚的に追いかけその状況を的確に把握するので、その出来具合に即応して、力の大きさや力の角度や作用点と支点との位置関係を自動的に調節して、目的を達成するのである。


 従って、私が力説したいのは、実際に馬に対してライダー自身が行っていることに目を向けなければならないということであり、その目の前のことができてこそ間接的に誘導されるような、後肢の踏み込みや内方姿勢や収縮や屈撓などを一旦意識の奥の方へおくことが、乗馬を単純化して且つ効果的な方法なのだということなのです。

 


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード