FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00  Temperature 25℃  Humidity 32%  晴れ  May 21,'16(Saturday)


 今朝は、この時間で25℃あり夏日の気温で、暑くなりそうです。


 馬場は、ベストコンディションです。


 昨日は、3頭の去勢手術が午前中ありました。


 術後の経過も良さそうです。


 さて、昨日書いた記事について、どうも理解が十分にできていないようなので、少し書き足したいと思います。


 乗馬や馬術界では、専門用語を使ってとても初心者や乗馬をしていない人に、解りづらいと思われているように感じます。


 それは専門用語を使っているというより、乗馬の特殊性と間接的ゴールがライダーの意図するところであるという点です。

 つまり、乗馬の特殊性とは、当事者(ライダー)が客体(馬)に乗ってしまって、その客体の動きをコントロールするというのが特殊で、一般的スポーツは、客体以外の場所に身を置いて客体をコントロールするというもので、ゴルフもサッカーもバスケットボールもそうであり、ボートや自転車は乗馬と同じように客体に乗るには乗るものの、駆動することを人が直接しているのであって、その点乗馬とは全く異なるのであります。


 そこで、乗馬は屈撓や収縮や後肢の踏み込みやバランスバックなどを目的にライディングしているにも関わらず、レインやシートや脚でプレッシャーをかけることしかライダーはできない。

 レインを引くのは馬の頭をコントロ-ルしているわけで、脚やシートプレッシャーを掛けるのは、馬を推進しているわけです。そしてレインを引くのとシートや脚での推進とを組み合わせて、馬のフレームを形成しているのです。

 とどのつまりが、ライダーは手や足や体を使ってやっていることは、馬の体勢を作ろうとしているにも関わらず、ライダーは間接的に達成しようとしている屈撓や収縮やバランスバックなどが意識を占有して、直接的にやっていることに関心がないという現実があって、このことが乗馬や馬術を難しいものにしてしまっているのではないかと思うのです。


 従って、ライダーは直接的にその瞬間にやっていることを頭におくべきで、その次に間接的に達成しようとしていることを意識すべきで、優先的に意識しなくてはならないことを先ず念頭に置かなくてはなりません。

 そうすることによって、今やっていることの成果を気にするようになり、その成果が出て初めて間接的に達成しようとしている屈撓や収縮ができるのです。今やっていることに成果を出すことができなければ、間接的に達成しようとすることはできないのです。


 馬の運動をコントロールすることは、ライダーが直接的にできることではなくて、馬の頭や首やショルダーなどを曲げたり伸ばしたりすることしかできないのです。だからこそ今そのときに、馬の頭や首やショルダーなどをどのようにしようとしているのかを意識下におかずに、屈撓や収縮などを一生懸命やろうとしているのは大変愚かしいことなのです。


 レインを引いてシートや脚で推進することを組み合わせて、頭を上げたり下げたり首を曲げたり伸ばしたりショルダーを左右に曲げたりしようと意識すれば、当然ライダーの関心は頭が上がったのか下がったのか、首が曲がったのか、ショルダーが左か右に曲がったのかどうかを感覚的にも意識的に追いかけるはずで、その成果によって間接的に収縮や屈撓を達成できるのではないかということです。



スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード