Arena Condition

AM 9:50  Temperature 25℃ Humidity 42%  晴れ May 31,'16(Tuesday)


 今朝は、蒸し暑く晴れました。


 昨日は、なかなか雨が降り止まず、夜になっても小雨が降っていました。


 それでも今日は、気温も上がり日差しも強いので、馬場は、今日一日かかるでしょうが急速に回復することでしょう。


 その睡蓮の鉢にメダカがいて、睡蓮をもらったときはメダカが一匹だけだったので、数匹入れてやったら、今朝メダカの稚魚が孵化してました。外の自然の環境では、5月の子供が生まれる。室内で飼っているメダカの子供は8月に生まれる。

 これほど時期がずれるとは、驚きました。



「錯覚から真実へ、真実からシンプルへ」

 

 乗馬においてライダーが本当にやっていることとは、馬を動かすことができなくて、馬のフレームをコントロールすることで、馬体を曲げることにおいて、ライダーが強制力を持っているということである。

 

 馬体を曲げるとは、馬の体勢である屈撓や収縮や内方や外方の姿勢である。

 

 支点と作用点の力の方向を組み合わせて、馬体を横方向と縦方向へ屈曲させるということであり、ビットとシートや脚が作用点と支点となる。

 

 そこで、作用点において何らかの作用をさせようとすれば、同時に支点でこの力を支えることになるので、ライダーは、作用点において何をなそうかと意識することによって、支点での力の方向や大きさは、作用点における目的に自然に呼応するのである。

 

 従って、ライダーが馬体を曲げることができるといっても、収縮や屈撓や内方姿勢といったことを意識しても、難解な乗馬から脱出することはできないのである。

 何故なら、実際にライダーがやっていることは、レインを引いたり、このためにシートや鐙で踏ん張ったりしているにも関わらず、ライダーの意識は、レインハンドの指先やシートや脚での接触感を追いかけずに、収縮や屈撓や内方姿勢へと向かってしまうからである。

 

 錯覚ではなく真実の乗馬へとシフトするためには、本来ライダーが騎乗して物理的にできることは何かを知ることであるが、それだけではなくて、ライダーと馬との接触点における感触へとライダーの意識が自然に向かうシステムが必要で、ライダーが馬との接触点での感覚情報に基づいて、馬の状態を把握できるようになれば、通常の状態は勿論、ショーイングにおける緊張や不安な状態でも、ライダーはリアルに馬の状態を感覚的に把握しているので、これに応じて的確にやるべきことをやるので、結果として馬のコントロールが容易にできるようになるのである。

 

 つまり、ライダーは馬体を曲げることができるといっても、収縮や屈撓や内方姿勢と作ると意識するのではなくて、レインを左右どちらかへ引くのであれば、馬の頭を左右どちらかへ持ってくると意識すべきであり、左右のレインをピックアップするのであれば、馬の頭や肩を持ち上げるという現実的にやっていることを意識すべきなのである。

 本当に、馬の頭を左右どちらかへ持ってくるとか、頭や肩を持ち上げるとか意識して実行すれば、この作用点における目的を達成すべく支点であるシートや脚がこれに呼応してやるべきことに、自然に反応するように機能するのである。そして更に、ライダーは、馬との接触点における感触を以て、実際にやろうとしている経過を追いかけるようになるのである。

 

 錯覚の乗馬は、ライダーが馬を推進するために脚やシートプレッシャーを駆使したり、馬の動きを制動するためにレインを引いたりしていると思って、レインやシートや脚を駆使して乗馬を行うことである。

 そして、ライダーが馬体を曲げることに強制力を持っているからといっても、収縮や屈撓や内方姿勢を作ると思って、レインやシートや脚を駆使して乗馬を行えば、視覚情報を追いかけたり、収縮や屈撓や内方姿勢を作ろうと考えたりしてしまうことになって、感覚機能が自然に機能しなくなってしまうリスクが、錯覚乗馬から真実乗馬へとシフトが変わっても残っていて、複雑な乗馬となってしまうのである。

 

 従って、錯覚の乗馬から真実の乗馬へ、そして真実の乗馬からシンプルな乗馬へとシフトしてこそ、構造的難解な乗馬からの脱出ができるのである。

 

 乗馬というスポーツは、錯覚の産物になりやすい構造を持っているので、錯覚乗馬から真実乗馬へとシフトする必要があって、真実乗馬では、難解な乗馬のままなので、真実乗馬からシンプル乗馬へとシフトしなくては、乗馬の構造的問題を克服することはできないのである。

スポンサーサイト
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード