FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:10 Temperature 12℃  Humidity 20%  晴れ  April 12,'16(Tuesday)

 今朝は、少々冷え込んだようですが、日中は昨日より暖かくなるようです。
 馬場は、ベストコンディションです。

 2016年の1ストシーンの開幕が、2週後と迫りまして、本格的に馬のトレーニングの仕上げです。

 ベストパフォーマンスが披露できるように、準備万端といきましょう。


「My Standard」

 乗馬における私のスタンダードは、マクロとして馬のメンタルとのコミュニケーションによって、馬をコントロールすることを原則とすること。
 そして、馬のメンタルとコミュニケーションする場合、ライダーの指示によって馬に緊張を与え、リリースによって緩和を与えること、馬の反応が指示に沿わなかったときより緊張を与え、指示に沿った反応を示したときプレッシャーをリリースして緩和を与えることを基本原則とすることである。

BP(Before Presser )> AP(After Presser)= 肯定
BP(Before Presser)< AP(After Presser) = 否定

 上記公式は、馬の学習のメカニズムで、馬の反応を中心として事前のプレッシャーと事後のプレッシャーにおいて、事前のプレッシャーに対して事後のプレッシャーが小さければ、馬は自分の反応が肯定されたと学習し、事後のプレッシャーが大きければ自分の行動を否定されたと学習するメカニズムに則って、ライダーの意図することを馬に学習させること。

 以上の基本原則に基づき、準備運動、トレーニング、鎮静運動の三つに区分して、この順番でライディングを進めること。

 準備運動では、心肺機能をアップすることと馬のフィジカルのストレッチとバランスワークをする。同時に馬のメンタルが従順に指示に従うベクトルを養成することを運動全般において心がける。

 トレーニングは、レイニングのパフォーマンスである、スピン、ストップ、チェンジリード、ロールバック、サークル及びスピードコントロールの精度を向上させるようにすること。

 鎮静運動は、主に準備運動とトレーニングによって心肺機能がアップしているのをクールダウンすることで、同時にメンタルがリラックスして騎乗を終わるようにして、馬場やライディングを馬が嫌うようになってしまわないようにすること。

 馬の運動のメカニズムは、斜対運動を原則として、馬体の対角線上を運動エナジーが通るようにすることを完成運動として、ライダーの推進が、必ず馬体の対角線上を通るように訓練すること。
 また、馬の運動のコマンドとして、進行方向の内方肢に対して外方肢が必ず外側をクロスしてステップすることで、前後肢ともにこのコマンドが守られなければならない。

 そして、ライダーの指示に対して、馬の反応が柔軟で何ら抵抗が見られないように養成すること旨とする。

 そしてまた、馬のムーブメントには2種類あって、必要に応じてこれらを自在に使い分けることができるように養成すること。
 メカニカルムーブメントとテクニカルムーブメントの二つは、重心移動とステップとの相関関係で、重心移動後にステップすることをメカニカルムーブメントといい、ステップの後に重心移動をすることをテクニカルムーブメントといい、ライダーが、馬の頭頸部と後駆の位置関係をコントロールすることによって、重心の位置と駆動肢の着地位置との相関関係をコントロールし、この二つのムーブメントを使い分けできるように養成すること。

 以上の要素をスタンダードとして、馬の従順性やフィジカルの柔軟性や可動域の拡大を養成し、パフォーマンスのクォリティを向上させることを目的に騎乗することが、私のライディングの原理原則であり基本中の基本である。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード