FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:35 Temperature 12℃  Humidity 34%  晴れ  December 22,'15(Tuesday)

 今朝は、とても穏やかで寒が緩んで暖かで風もありません。

 馬場は、ベスト状態です。

 今日は冬至で、一年で一番日の短い一日です。

 聞くところによれば、夏至と比べると東京で4時間半、北海道の根室で6時間半ほどデイタイムが違うそうです。

 それでも今日から米一粒ずつ日が長くなっていくそうです。

 寒さはこれからが本番で2月が一年で一番寒くなります。

 明日の夜から明後日の朝まで雨がありそうですが、明日の天皇誕生日は、デイタイムは雨がないようです。

 昭和の時代は、12月に祝日が無く平成に入って今上天皇が明日誕生日なので、忙中閑ありといった感じでお休みです。


「扉を開く鍵」

 部屋へ入るには扉を開けなければならない。鍵がついているならその鍵を開けなければ扉は開くことはない。もちろん扉を壊して部屋へ入ることもできる。

 部屋へ入るということは、身の置き所がその部屋になるということで、技術であろうが環境であろうが、ものごとについてあれこれ考えることも発想することも、また考えや発想の対象となることさえもその部屋によって人は影響を受ける。

 その部屋に入るためには、幾つもの鍵がついているかも知れないが、さし当たって一つの鍵を開けなければその先にも進むことはできない。

 通常は一つではなく複数の鍵が存在するものと認識する。従って鍵の順番や鍵を開ける前にしなくてはならないことなど、扉を開くために複雑な仕業があると人は考えるものだ。

 人によっては、只一つの鍵を開けることに集中して複数のことは考えず、一念の元に一つの鍵を開くためにありとあらゆる手立てを講ずる。また、ある人によっては、総合的に複数の扉を開くための方法を考える。

 この方法については、どちらが正しいかを論争すべきではなく、その人の資質や能力によって定めるべきことなのではないだろうか。

 しかし、資質や能力が備わっていない人の方法は、容易で単純な方法であり、資質や能力が備わっている人の方法は、複雑で容易ではないことは間違い客観的事実なのである。

 従って、私は、只一つの扉を開けることに専念することにしているのである。

 誘惑があって、一つの鍵に専念するには、どの鍵にするかを選択しなければならず、選択した後に埒があかなければ、その選択に疑念を持ち迷うのである。
 そして、あっちの鍵にするべきだったとか、この鍵を開けるのに意味があるのだろうかとか迷いに迷うのである。

 そこで私は、目についた鍵を選択し、只ひたすらその鍵を開けるべく能力を駆使することにしている。
つまり、選択することに能力を使わず、目の前の鍵が開かないことに迷いを持たない。このことを徹底することで、体力の消耗やメンタルの疲弊を避けることができると考えている。

 多くの人を見ていると、たった1つのベーシックな技術が何時までも身に付かず、どんなに高度なレベルに達しても、困難な局面を打開するための基本技術の未熟さがさらに困難さを極めてしまっているのである。

 目の前にある鍵を開くことが、容易で難なく開けることができるようになれば、必ず次に鍵が目の前に浮かんでくるので態々選択するために思量することはなく、既に開けた鍵によって身に付いた技術で次なる鍵もまた容易に開けることができるので、次から次へと進めば進むほど、鍵を開けるのが容易で単純化されてしまうのである。

 大望を持ち、目の前の鍵を開くことが、大望を遂げる最短の道なのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード