FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:25 Temperature 25℃  Humidity 39%  曇り  September 16,'15(Wednesday)

 今日も、暑くなく寒くなくといったとても過ごしやすい陽気です。秋の空気という感じではないのは、少し湿度が高めだということでしょうか。

 馬場は、ベストコンディションです。

 昨日、ピーチアッププロジェクトのお陰で、これまでにない新馬が生まれました。

 ピーチアッププロジェクトは、色々な方に大きな飛躍を遂げているようです。

 特段上級者ということではなく、グリーンレベルの方にも大きな変化が現れているようです。

 むしろ上級者の方が結果が出にくいようで、とても高度に感じるようです。

 頑張って自分のものにして頂きたいと思います。


「間接的思考システム」

 思考や行動は全て間接的になり立っている。これに対して、直接的思考や行動で望むのは間違っている。

 何故なら、ものごとは、何らかの要因や要素が主体的や付帯的に構成して成り立っているのであって、内在している要因や要素に変化を起こさない限り、ものごとに変化を与えることはできないからである。

 ものごとは、必ず複数の構成要素が組織してできているものだから、必ず幾つかに分解できるし、幾つかのものごとを組み合わせることによって更なるものごとを組織することができるのである。

 つまりものごとは、分解するか応用するかであって、それは求心的か遠心的に変化を予測することができるのである。

 ものごとに変化を与えようとする場合は、分解してこれを構成する要素を見出して、その構成要素に変化を与えることで可能になることなのである。

 従って、ものごとを作ろうとする場合は、必ずその構成要素や要因に分解することから始め、その要因や要素がどのような機能を発揮して、そのものごとが成り立っているのかを知る必要があり、これを知ればその要素や要因に変化を与えることによって、新しいものごとが作られるというメカニズムなのである。

 間接的思考をするシステムが自分自身の思考機能を動かすソフトであって、どんなに頭脳が優秀であっても運動能力に恵まれていても、これらを動かすソフトウェアーが良くなければ、その才能や能力を発揮することはできない。

 馬に乗るときだけではなくあらゆることに対して、ものごとを間接的思考システムによって、機能させれば必ず目的を達成できるのである。

 間接的思考システムに対して、直接的思考システムがあって、とても愚かしい思考システムであることが解る。

 例えば、ストップを失敗したとき、あるライダーがバックアップしてこれを修正して成功したのを見たとき、直接的思考システムの人は、ストップにはバックアップが良いと思って、ストップが上手くいかなかったときにバックアップをする。そうすることによって上手くいくときもあればいかないときもあるということになる。

 間接的思考システムでは、バックアップすることによって何がストップを成功させる要因を改善しているのかに思いを馳せて、そのことが見つかれば、バックアップだけでなくその要因さえ改善できればストップをよくすることができるということに思い当たるのである。

 こうしてみると誰もが直接的思考システムの愚かしさが理解できるだろうが、そういっているあなたも直接思考システムで生きている一人なのである。

私は、色々なところで乗馬の指導をしてきたが、間接的思考システムを持っている人がとても少なかったのである。従って、馬のトレーニングについての考え方を説明しても理解されなくて、何をやれば良くなるのかを教えてくれといわれてしまうのである。

 ものごとを成功させたかったら、トライアングルシンキングシステムをお進めしたい。

 ものごとの成功のために必要なこと考え出して、そのことによって成功を考えるように、三角の関係性において成功や目的を達成しようと考えるということである。

 3つの頂点を結ぶことによって三角形ができるように、目的を三角の1つの頂点とすると、もう2つの要因を考えて、これら3つの頂点に何らかの関係性を持たせて三角形になるようにすれば、目的が達成されるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード