FC2ブログ

Arena Condition

AM 7:50 Temperature 22℃  Humidity 64%  雨  July 6,'15(Monday)

 今日も雨です。気温も低めです。

 予報では、明日までか差マークがついています。

 馬場は、不良コンディションです。

 暫くお日様を拝むことができません。紫陽花が雨毎に色が変わってとても綺麗です。

  「ペイドウォームアップ Paid Warm Up」

 今日では、ペイドウォームアップが、各大会で行われるようになったことは良いことだと思う。

 何でもそうだが、勘違いしてやり方を間違えば、却ってやらない方がましだということになる。特に日本では、馬に乗ることは自分の練習のためだと思っている人が大多数を占めているので、ペイドウォームアップの弊害が大きいのである。

 馬は、人の10倍も緊張する動物だといわれているので、一頭だけで馬場に入ることはそれだけで緊張要因であり、ライダーもまた緊張している状況なので、この緊張もまた馬の緊張を煽ることになる。

 そんな中で、馬を大会に過度な緊張をさせることなくコントロールできるように、大会と同じ環境の中で馬をスクーリングすることが、ペイドウォームアップの目的だ。

 日本的に考えれば、馴致ということで、この環境に馬を慣れさせるということになる。しかし、大会直前に緊張する環境でどんなことするかによって、馬にとって益々緊張する環境だとインプットしてしまうことにもなるリスクがある。

 私は、ショーペンでの馬のコントロール精度は、馬の緊張と集中力との鬩ぎ合いだと思っていて、緊張を越える集中力を発揮できるかどうかにかかっていると思う。
 従って、ペイドウォームアップでは、トレーニングのときその馬がどの程度までプレッシャーを与えても集中力が切れないのかの境界線を踏まえた上で、その境界線を少し越えるところまでプッシュして、集中力を越えて緊張したところで、馬の予想と違う運動を要求することを繰り返すようにしている。

 例えば、ロールバックした後に止めてしまったりサークルへ移行したり、ランダウンに入る直前にサークルへ移行したり切り返して反対方向へ走行したりして、馬の予想を悉く裏切って、馬の集中力を絶えず求めるようにする。

 ショーイングは、馬の緊張感と集中力との戦いで、ライダーへの集中力が絶えず緊張感を上回っていれば、コントロール精度が落ちることはないので、その馬が持っている力量を発揮できる。

 ライダーの緊張は、馬の緊張を助長したりコンタクトを雑にしたりしてしまう要素を持っているので、ライダーの緊張対策もまた重要で、もしペイドウォームアップをライダーの緊張対策に活用するのであれば、馬の予想を裏切ること基本原則として、ハードなプレッシャーを掛けずにサークルのガイドやランダウンのライン取りなどをチェックして、その瞬間瞬間において、どんなことを意識しながらショーイングすべきかを確認するようにすると効果的である。

 例えばサークルのガイドであれば、しっかりとサークルのセンターであるディパーチャーの位置を目視してガイドするとか、リードチェンジでもサークルのどのエリアでそのキューイングを行うかを確認するために、左から右へまたは右から左へとサークルは移行するが、リードのチェンジ自体は行わないようするような工夫や連続して行わないような工夫をしてすべきだと思う。

 またランダウンのライン取りとは、どの地点からどの地点に向かってランダウンするかの位置を確認するということで、このときもスピードアップせずにジャストストップして、一呼吸おいてロールバックするようにすれば、馬に過度な緊張を与えるリスクを避けることができる。

 どんなレベルのライダーでも、馬のコントロールに集中してショーイングできるようにするためには、普段馬に乗るとき、自分の練習ではなくて馬のトレーニングのために騎乗するようになれば、本来のペイドウォームアップができるようになると思う。

 ショーホースをその能力を発揮できるようになるには、日本人の乗馬に対する思想心情が、飽くまでも馬を良くするために騎乗するようなものに変わることが絶対的必要要件なのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード