FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15 Temperature 23℃  Humidity 67%  雨  July 3,'15(Friday)

 大雨です。今日は夕方までこんな天気のようです。

 馬場は、不良です。

 7月に入った途端に毎日雨が続きます。それでも、この地方は被害もなく、自然災害の少ないことを喜ばなくてはなりません。

  「偽善からの脱出」

 偽善は、動物には通用しない。

 特に乗馬は、動物である馬との接触度がペットとは格段に違うので、偽善が混入すれば忽ちその弊害が生まれてしまう。

 元々偽善は、良心や正義感や見栄から生まれるもので、日本の文化が陥りやすいものでもある。武士道や日本人が持つ思いやりは、勘違いすると偽善に陥りやすいのである。

 自己犠牲や見せかけの思いやりになると、表面的には本物とは見分けがつかないので、自分を偽って続けてしまう。暫くすると自分の中にフラストレーションが溜まって暴発することになるのである。

 この偽善から脱出することは、対人関係の中では難しい。しかし、対動物の関係であればそう困難なことではない。

 偽善から脱出するためには、自分がどうなれば喜ぶのか、満足するのかをはっきりさせることが重要だ。

 乗馬であれば、馬がどんな反応をすれば、安心できたり充実感を味わったり、喜ばしく思えたりするのかを、より具体的にすることである。

 レインを引いたり脚を使ったりして、馬の動きをコントロールしたときに、どんな馬の反応を望んでいるかをはっきりさせ、これを追究し続けることである。

 チャンピオンになりたいとか、人より上手になりたいとか、これらが自分の望みであっても、馬がどんな反応を絶えずすることによって、チャンピオンになれるのか、人より上手になれるのかを具体的にして、これを達成するようにすればいいのである。

 ところが、チャンピオンになりたいのに、人より上手になりたいのに、満足したいのに、安心したいのに、これらを具体的にしないで、何となく満足できなかったり、不安になったり、上手になれなかったり、チャンピオンにもなれなかったりすると、闇雲に馬をコントロールしようとしてしまうのである。
 そして、そのまま続けるわけではなく、ここで偽善が頭を持ち上げてきて、プレッシャーをリリースしなければならないとか、馬をリラックスさせなければならないとか、正しくやらなければとか、徹底的に我が儘なわけではなく何処かの地点で調節したり加減したりするので、ものごとのが複雑になって、馬が混乱して反抗したり拒否したりするのである。

 勿論自分の要求を押しつけるだけでは、馬の反抗を作ってしまうが、徹底すれば押しつけるだけでは駄目だという実感をもつことができるのに、途中で加減したり、望んでいる状態になっていないのにプレッシャーをリリースしたりしてしまうので、馬の反発が出ても自分の責任で起きている現象だという実感が持てないのである。

 従って、この偽善的行動が、益々馬の反抗を助長してしまうことになるのである。

 この偽善から脱出するためには、自分の要求をできるだけ具体的にするか、それができなければ、今望んでいることを徹底して、途中で正しさやあるべき姿を勘案して要求を加減しないことである。つまり悪役に徹するか、自分の要求を具体化するかによって、偽善から脱出できるのである。

 対動物の関係性において偽善から脱出して、その後に対人関係で偽善からの脱出を試みるのが良いでしょう。

 対動物との関係において偽善から脱出できなければ、対人関係において偽善から脱出することは先ずできないでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード