FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temperature 25℃  Humidity 15%  曇り  June 4,'15(Thursday)

 昨日は、朝から雨が降ってしまいまして、馬場は不良コンディションになってしまいました。

 今日は、すっきりと晴れていませんがこれから明日にかけて晴れるようですから、明日のお昼頃までには回復すると思います。

 明日の夜にまた雨らしいですが、そんな先のことに憂鬱になっても仕方ありませんので、一時の良いコンディションを楽しみにしましょう。

 
 「何故」

 馬が壊れるといわれる現象には、大きく区分すると二通りあるように思う。

 ライダーのレベルによって程度が違うと思うが、ライダーのレベルに関係なく全く違う現象が見られるように感じる。

 ライダーが初心者の場合は、多くの場合は馬が我が儘になったり怠けるようになったりということが殆どのように思うが、上級者になるとパフォーマンスの切れ味や精度が鈍くなったりするように思う。
 以上のようなことは、馬が壊れるというカテゴリーには入らないと理解している。

 後肢の踏み込みが悪くなったり、馬が硬くなったり、抵抗や反抗するようになったりもする。

 私に場合、馬の再調教をするときには、必ずファウンデーションを見直し、修正するというより後肢の踏み込みや柔軟性や反応をレベルアップしようと考えるもので、直そうと思って再調教することはない。

 再調教で一番問題だと思うことは、馬のメンタルが壊れていることである。

メンタルが壊れるとは、ライダーの要求が分からなくなってしまうということとは違い、プレッシャーを受け入れられない精神状態になってしまうということだ。

 キューイングに対する反応を間違えたり、バランスフォーワードになってしまったりしてしまうことは良くあることで、大した問題ではないが、メンタルが壊れてしまっていると、直せなくなってしまうということもあるくらい大きな問題だ。

 馬がライダーから受けるプレッシャーに一生懸命応えようとしても、ライダー自身が馬に要求する反応を具体的に分かっていない場合に、馬のメンタルは壊れてしまう。

 大概の馬は、調教されていてもいなくても、ライダーの要求であるプレッシャーから解放されるのを探しているもので、何をすればそのプレッシャーから逃れられるのかを一生懸命探すので、ライダー自身が馬の反応としての行動が要求とあっているかあっていないかをジャッジできなくては、プレッシャーをリリースすることはできないので、馬はプレッシャーから解放される状況を見つけることができなくなって、ライダーに対して無反応になるか混乱してしまうことになる。

 もう一つは、ライダーが要求していること自体が間違っていて、ミスリードしてしまっている場合である。つまり、馬が間違っているところでプレッシャーから解放されてしまっているので、間違った反応を学習してしまっているということだ。

 何れにしても、ライダー自身が、馬に対して要求することを具体的に掌握できていないことによって起きる不幸で、自分が馬に対して要求していることを具体的に分からないということは、感覚的に捉えられないことを要求しているか間違った考えで要求してしまっているということだ。

  ライダーは、感覚的に読み取れることを馬に要求すべきで、読み取れないことを要求してはならない。
 また、間違った反応を要求してはならない。

 間違った反応を要求するとは、インステップを要求しているのに、プッシュアウトのプレッシャーを掛けていたり、要求する反応をしていない内にプレッシャーをリリースしてしまったりすることである。

 ライダーは、馬に要求することを自分自身の感覚で読み取れる範囲に限ることは鉄則だ。そして、馬に要求するときは、どんな反応を求めるのかを単純明快にして、プレッシャーを掛けることもまた鉄則である。

 この2つを厳守すれば、馬が混乱したりライダーに対して心を開かなくなったりしてしまうということはないのである。

 インステップとは、アウトステップを拒まれたときにする反応であり、アウトステップとは、インステップを拒まれたときに起きる反応なのである。
 ストップは、フォーワードモーションと拒むことによってでき、フォーワードモーションは、ストップを拒むことによってできる反応なのである。

 多くの人は、何気なくインにモーションを起こそうとするときは、インへ引き、アウトへモーションを起こそうとするときは、アウトへ引くと思っているものだ。
 そもそもこの考えが間違いなのである。

 フォーワードなりバックワードなりのモーションの中で、その運動ベクトルに対してある角度を以て右からその進路を拒めば、その運動ベクトルは左方向へと進路を変える。これが運動の法則なのである。

 この法則は、船でも車でも全く同じで、ハンドルを切ったり舵を切ったりするのもその進行方向を拒む行為なのである。

 この法則を間違うことが、間違った要求を馬に与えるということなのである。

 
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード