FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:25 Temperature 26℃  Humidity 27%  晴れ  May 3,'15(Sunday)

 毎日良い天気が続き、空気が乾燥しています。

 夏の陽気とは違って、気温が高いながらも湿度が低いので、日陰に入ったり風に当たったりするとひんやりして、気持ちが良いです。

 馬場は、埃が立つほどに乾燥していますが、コンディションとしては、良好です。

 九州地方は大雨が降っているらしいですが、関東地方は、概ね良い天気が続きそうです。


 「境界線」

 境界線が存在する。

 ものごとを規定したり定義したり土地や領域を特定したりするために、境界線が存在する。

 境界線は、あるときは厄介な存在で、これを解放することに人々は躍起になって、戦争や紛争になったりすることもあるが。ものごとを特定したり領域を区別したりするためには便利なものであることもある。

 乗馬においてもまた、境界線が存在すると思う。

 誰もが馬体をコントロールするために、後駆の大きな動きを求める。

競馬でもジャンプでもドレッサージュでもレイニングでも、共通する課題である。

 後駆が大きく動くということという概念で考えると、正比例のグラフの線をイメージすることと思うが、私は階段の線のように、絶えず分岐点があるようにイメージする。

 つまり、私には、後駆をより大きく動かすということにおいて、絶えず境界線があることを実感するということである。

 このボーダーラインを越えてくれれば、安定した領域に突入できるとイメージする。そしてまた、その先にボーダーラインがあって、それを越えた先に階段の踊り場のような平坦な領域が存在するのだ。

 重心と後肢の着地位置に関係性において、馬の運動は変わる。そしてビットコンタクトやシートやレッグプレッシャーに対する反応のテンションが変わる。

 反応のテンションが変わるにはボーダーラインがあって、そのボーダーラインをシートではっきりと感じることができる。
 つまり、私にとって、山の頂点のようなボーダーラインがあって、このボーダーラインを越えるために、ストレッチをしたりフレームワークをしたりして、この頂点の後に座れるように、また座るようにして、馬が絶えずこのボーダーラインを越えてステップしていることに最大の関心を持つのである。

 そしてまた、屈撓させたり収縮させたりするときは、当然このボーダーラインが、できるかできないかを決定する境界線であり、ビットコンタクトするときは同時に馬体をドライブして、このボーダーラインを越えて後駆が動くようにして、馬が頭を下げさせたり収縮させたりさせるのである。

 ボーダーラインの存在が、目に見えない存在を明確にしたり意識下においたりするのに約立てることに大変便利で、イメージを具体化できるのではないかと思う。

 境界線は、時には厄介な存在であることもあるが、目に見えない存在を具体的にイメージできるようにするためには、もってこいの思考概念となるのではないだろうか。
 しかも、イメージ上の存在というよりは、はっきりとした存在として実感できるものなのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード