FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 Temperature 9℃  Humidity 26%  晴れ  January 14,'15(Wednesday)

 今朝も良く晴れました。風もありません。粗快晴に近いです。明日は雨雲が近づくせいか少し湿度は高めです。

 お正月も早半月なになりますが、やっと日付に2015年と書くのが慣れてきました。一年間2014年と書いてきたので習慣とは恐ろしいもので、中々2015年と書けませんでした。指が勝手に2014年と書いてしまって、そのままアップしてしまうことも屡々でした。

 さて、馬場はベストオブベストコンディションです。明日の午後には雨になるそうで、また暫くこのようなコンディションになるには時間がかかりそうです。

 

 「無の心境」

 日本ではものごとに及ぶとき、良く無の心境という言葉を聞く。この無の心境に対して、勝利への欲望や利益の損得などを意識すると、却って勝利や利益から遠ざかってしまうので、そのような欲望を持たずに無の心境でことに及ぶべしと良くいわれる。

 勝負事において、勝利を意識すると何故勝利から遠ざかってしまうのだろうか。勝負事において勝利を意識しないのであれば、勝負そのものを挑む必要がなくなってしまうのではないだろうか。
 しかし、人は欲得や勝利をそのときに意識してしまうと、負けてしまったり損したりしてしまうことは良くあることである。

 以上のことは、人は、そのときに勝利や損得を意識することによって、思ったように行動できなくなる畏れを持っているということを証明している。

 従って、無の心境でことに及べといっているのであろう。

 私は、人間の行動を支配するシステムには、二つの系統があるのではないかと推測している。
 その1つは、行動を実際に起こしている運動器官が独立性を以て運動するが、マクロとしての目的や戦略を運動器官が共有している系統と、脳が直接運動器官へ指示命令して運動する系統である。

 脳が直接運動器官に対して指示命令するとは、腕や肢を動かそうとしたり指の第2関節を動かそうとしたりする命令を脳がするということであり、この命令を脳が想念することだ。想念とは単に思い浮かべることである。

 そしてもう一つの系統は、お茶を飲んだりドアを開け閉めしたりするとき、脳はお茶を飲むことやドアを開け閉めすることを想念するだけで、手足は脳が想念した思いを遂げるように、運動をするシステムである。つまり、マクロとしての目的や戦略を脳が想念するだけで、手足などの運動器官は、その重さや形状や状況に関する情報を勘案して、マクロの目的を遂げるように運動するということである。

 この二つの系統を駆使して人間は、自らの行動を支配しており、脳が直接運動器官の運動を支配するときは、脳が同時に想念する欲望やリスクもまた運動そのものに影響する畏れが大きくなる。
 つまり、脳が持つ感情によって運動精度が大きく違ってきてしまう可能性が大きくなるということであろう。

 しかし、もう一つのシステムでは、脳がマクロとしての目的やリスクを想念するだけで、運動器官の行動には一切関与しないので、脳がどんなに欲望やリスクを強く意識したり冷静さを欠いたりしていても、運動器官には影響がすることはない。少なくてももう一つの系統よりは、運動器官の運動に対する影響が少ないはずである。

 以上の倫理性において、無の心境とは、勝利や損得を意識しないということではなくて、運動器官に対して直接関与する気持ちを捨てなさいという意味なのである。つまり、脳が運動器官の独立性を束縛してはならないということである。

 従って、脳が無になるという何も想念しないということでは、運動器官がその運動の目的やその運動に伴うリスクを共有できないので、目的を遂げることはできない。従って、脳は何をやるべきなのかを理解しなくてはならないのである。

 つまり、脳が果たすべき役割は、運動器官がマクロの目的やリスクや戦略を共有しやすいように想念することで、客体のモーションや到達点(最終動作)をイメージすることなのである。

 「念仏を唱えれば救われる」とか「無の心境でことに臨め」という教えは、全て脳がすべきことをすべきで、運動器官の独立性を脳が奪ってはならないということをいっているのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード