FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:05 Temperature 20℃  Humidity 18%  晴れ  October 29,'14(Wednesday)

 今朝は、風もなくよく晴れました。

 馬場は、粗ベスト状態になりました。

 明日は、朝早い便で福岡へ向かいます。そして4日(火)の昼頃の便で戻る予定です。

 3連休があって、3日の(月)初心者向けの競技会が古賀の馬術競技場であります。

 ウエスタン部門では、ストックシートメダルとグリーンクラスのレイニングがあります。

 そして、このクラスのジャッジを務めます。またお昼休みにデモンストレーションとミニ講演を依頼されています。

 金土日の3日間は、講義と実地の2本立てのクリニックが予定されています。

 今回のクリニックのテーマは、「乗馬は、馬の背中に乗れ」です。

 乗馬とは一体どんなスポーツなのかを、受講生の皆さんとともに解明したいと考えています。

 乗馬の正体が分かれば、これをクリアする方法が正当なものか間違いなのかを見分けることができます。

 間違った練習法で長年努力しても、上達はしません。そして多くの指導者は間違った指導法であるという残念な現状にあります。

 多くの国のインストラクターや、乗馬を親しんでいる愛好家の多くが間違った理解をしています。

 乗馬は、大変特異なスポーツです。乗馬のような特異なスポーツを私は他に知りません。

 乗馬の特異性を理解した上で、この乗馬を親しまなくては、充実感や達成感や満足を得ることは叶いません。

 ネット社会が一般化した現在、乗馬のことも色々なところで話題に上がっていますが、その殆どが陳腐なもので恥ずかしさまで感じます。

 ふざけてこれに乗っかっている人は、どうでも良いけれど、真剣にこれを読んだり指導者を語って解説している人が多少なりいるとすれば、この人達の悲劇に空しささえ感じます。

 私は、10人の人が乗馬をしていれば、10種類の乗馬法があってもいいと考えていますが、ルールは世界に1つだけでなくてはならないとも考えています。

 愉しく乗馬を親しむには、ライダーのレベルは関係ありません。むしろ乗馬に対する理解や考え方が重要だと思います。

 一人一人のライダーが、指導者とか一ライダーだとかに関係なく、自分にとって納得する乗馬でなくてはなりません。そのために、指導者は、良きアドバイザーであるべきで、一緒に正当な乗馬とは何かを追究していこうとする態度が、何よりも求められるのであって、指導者の理想を生徒に押しつけるようなことがあってはならないのです。

 しかし、一人のアマチュアライダーであってもプロのライダ-であっても、一人一人の乗馬を追究するからといって、我が儘な乗馬が許されるわけでもなく、独り善がりの乗馬が認められるはずもありません。

 乗馬は、馬とライダーとのコミュニケーションで調和しパフォーマンスするものだから、馬とライダーの間でコンセンサスがなくては、無謀な乗馬だといわざるを得ません。

 九州の方とお会いできるのが楽しみです。そして、指導者であるプロ達が造っている馬やその考え方に出会えるのもまた楽しみです。

 
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード