FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:35 Temperature 20℃  Humidity 67%  雨  October 21,'14(Thuesday)


 今朝は役から雨が降り出して、午後3時ぐらいまでは降ったり止んだりといった感じようで、こんな状態が木曜日頃までは愚図つくようです。

 馬場は、今のところやや重状態ですが、徐々に悪化するでしょう。

 週末の馬場が回復すれば、「乗馬は、馬の背中に乗れ」のクリニックをやろうと思います。

 皆さんのご参加をお待ちしています。


 「行動原理」

 新しい挑戦をしたとき、何らかの手応えがあって、手応えがあったものだからよりモチベーションが上がって積極的になり、更に成功のイメージや可能性を信じて挑戦するものだから、結果が顕著に現れるので、挑戦が正しかったことや自分の発想に確信を持つ。

 以上が、人の行動原理ともいうべきパターンなのではないだろうか。

 誰もが新しい挑戦をするとき、危機意識や目的意識や第三者からのアドバイスや革新的発想や閃きなどがあったときに行うものだ。

 この新しい挑戦をするときは、必ずしも成功するとは限らないし、成功を100%信用しているわけではない。

 しかし、先ほどの行動パターンを振り返って見ると、手応えを感じるからモチベーションが上がったり成功を信用したりできるから更に成功するということだから、挑戦する最初から成功のイメージを持ち成功を信用していれば、成功の確率は更に高まるのに、手応えがあってからモチベーションが上がるということであれば、もし手応えが生まれなかったらモチベーションは上がらず、成功を信用できないから、益々悪循環になって成功の確率は低くなるということだ。

 つまり、最初の挑戦の時に、偶然に手応えがあるかないかによって、その挑戦の成功失敗が決まってしまうことである。

 挑戦が正しかったか間違っていたかは、論理的に正しいかどうかで決まるのではなく、運良く最初の挑戦において手応えがあったかどうかで決まってしまうことになる。

 最初の挑戦において手応えがあるかどうかは、その人が持っている技量の問題になってしまい、新しい挑戦をするということは、その人にとって未知の領域のことだから、未知の領域に挑戦するに充分な技量がないときの確率が高いのであるから、最初の挑戦で手応えがない確率の方が高く、手応えを感じるのは、運に恵まれたときだけということになる。

 多くの人の新しい挑戦の成功の確率は、その挑戦に論理的適正があるかどうかで決まるより、ラッキーであるかどうかで決まるということなのである。

 従って、新しい挑戦は、少なくても論理的適正を信じるから挑戦するわけだから、最初から失敗するだろうと思って挑戦する人はいないのだから、手応えに関わらず、大いに成功を信用するか成功のイメージを持って、挑戦するべきなのである。

 時には、駄目元で挑戦する場合もあるが、この時にも成功を信じて成功のイメージを抱いて挑戦すべきなのである。

 この行動パターンに変更すれば、最初から手応えを感じる確率が飛躍的に高まり、手応えを感じてからは、何時もの行動パターンになる必然性に任せればいいのである。

 新しい挑戦をするとき、最初の手応えがあってモチベーションが上がるのを待って成功を信用するのではなくて、手応えに関わらず挑戦する以上は、成功を信用して挑戦すべきなのである。

 人は、自分なりの行動パターンがあるもので、案外自分の行動パターンを知らないものだ。
しかし、自分の才能や技能や知識などの能力に関わらず、行動パターンによって、結果の成否が決まってしまっていたら悲劇なのである。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード