FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:00 Temperature 27℃  Humidity 27% 晴れ  September 29,'14(Monday)

 今朝は、台風の影響もなく良く晴れて、湿度も低めです。

 そして、馬場は、ベスト状態です。


 The 7th PBC Final Scene 2014

Date October 10th (Friday)/ 11th(Saturday) / 12th(Sunday)

今週が、最終調整です。そして、来週は、今年の最終戦です。

 九州と北海道から参戦です。

 Good luck for evryone.

そして、My Favorit Horse の投票があります。

PRBC会員の方は、投票資格があります。

 単なる好きな馬の投票ということではありません。

 Performance/ Mind / Conformation の3項目について5点法で採点し、ベストホースを選出して表彰するというイヴェントです。

 これは、馬を見る目を養うための企画で、レイニングホースとして理想の馬とはという課題に取り組んで、ベストホースを選出すると同時に、選ぶ側の人達の馬に対する造詣を啓蒙するという役割を果たすことを願っています。

 どうか、資格のある人は、面倒がらずに取り組んで下さい。

 よろしくお願いします。



  「乗馬の相対性理論」

 乗馬は、馬の背中に人が乗って、馬をコントロールするものである。

 従って、馬に乗ったままその乗っている馬をコントロールするので、馬体に取らせる姿勢やステップや前後左右の運動などは、絶対値ではなく相対性なのだ。

 相対性とは、後肢をステップさせる場合は、前肢や肩の位置に対して後肢を前後左右何処へステップさせるか(相対的運動)であって、A地点からB地点へ運動するというもの(絶対値的運動)ではないという意味だ。

 実際、運動は、後肢をA地点からB地点へと移動するから絶対値A地点→B地点として運動しているように思ってしまうが、ライダーのやっていることは、レインを操作して肩が動かないようにして、脚でプレッシャー与えている。この時、肩が動けないことによって後肢だけがステップするということになり、後肢がA地点からB地点へと運動するのである。

 つまり、ライダーがどんな概念を以て、馬の運動をコントロールしていても、その運動は、相対的に運動をコントロールしているものなのである。

 ステップインとかステップアウトとか、内方姿勢とか外方姿勢とか腰内とか肩内とか、チェンジリードやディパーチャーにおけるリードのピックアップ、後肢の踏み込みやバランスバックなどは、相対性として理解する必要があるのである。

 前肢のステップインやアウトは、後肢や頭頂(Poll)の位置に対して、前肢を左右どちらにステップさせるべきなのかという意味で理解しなければならない。

 また、後肢のステップアインやアウトは、前肢や肩や頭頂に対して、左右どちらに後肢をステップさせるべきなのかという意味で理解しなければならない。

 更に内方姿勢は、頭頂から肩までのラインを直線上に位置させて、そのラインに対して後駆が(ハインドクォーター Hind Quarter)が進行方向の内側に位置する姿勢だ。
 外方姿勢は、頭頂と腰を直線で結び、その直線において進行方向の内側に肩を位置させる姿勢だ。

 リードチェンジやディパーチャーのリードのピックアップは、ピックアップするリードの外方後肢、つまり左リードであれば右後肢、右リードであれば左後肢を、外方前肢、左リードであれば右前肢、右リードであれば左前肢の内側へステップさせるように推進することによって、馬の対角線上を運動エネルギーが通過することになり、正しくリードがピックアップされたりリードチェンジが行われたりするのである。

 後肢の踏み込みやバランスバックにおいても同様で、後肢が重心の前にステップするようにすることが後肢の踏み込みであり、また後肢の着地位置より後ろに重心を持っていくことがバランスバックなのである。

 乗馬において、前後左右や内外という表現が多用されることを以てしても、如何に乗馬は、相対性理論で成立するものであるかを示しているのである。

 従って、ライダーは馬をコントロールする場合において、相対性理論を以て理解する必要があり、肩を動かしたくても後駆を動かしたくてもその両方を同時に動かしたくても、また馬の頭や首を動かしたりベンドさせようとしたりするときは、全て何処に対して動かすべき処を左右前後何処へというように考えなくてはならないのである。

 つまり、馬体の何処かを動かしたいと考えたとき、同時に何処かを動かさないことを以て、これを成そう考えなくてはならないのである。

 何処かを動かさないことを以て何処かを動かし、何処かを動かすことを以て何処かを動かさないというように、動かす場所と動かさない場所とを一体的にすることによって、コントロールが可能になると理解しなくてはならないので、

 馬術においてとても最も重要な推進も、何処かを動かさないようにして何処かを動かすということを、一体的に理解しなくてはできない技なのであり、後駆をより推進すると同時に、馬の口や頭頂を少なくても後駆よりは推進しないようにしなくては、推進できるようにはならないのである。

 乗馬は、全て相対性理論を以て理解すべきスポーツなのであり、馬のトレーニングは、この相対性理論に基づいて成立するものなのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード