FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:45 Temperature 29℃  Humidity 54%  曇り  July 11,'14(Friday)

 結局、ここでは台風は雨も風もさほどでなくて幸運でした。

 各地では、大きな土砂崩れがあったり、家屋が風で潰れたりしたそうで、お見舞い申し上げます。

 馬場は、水溜まりがあるものの、今日一日で可成り回復してしまいそうですが、少し気になるのは夕方の一雨あるようで、ほんの少しであって欲しいです。

 只今、ウェブサイトのアクセスが、479,000件で、500,000件までのカウントダウン21,000件です。多くの皆様のアクセスに感謝します。

 これからも、できるだけ皆様がアクセスしたくなるよう務めてまいりたいと思っておりますので、よろしくご愛顧の程お願い申し上げます。




 「数学」

 数学者とは、何を日々やっているのかという問いに、ある数学者は、世の中のあらゆることに、何らかの数式や法則が潜んでいるのではないかと考え、その数式や法則を見つけ出すことが指命なのだと応えている。

 この言葉を聞いて、私が数学を好きだった理由が分かったのである。

 私は、子供の頃から算数や数学が好きで、同じ理系でも化学や物理学よりも数学が好きだった。特に化学は、文系の教科と同じぐらい嫌いだった。

 先日、私は、乗馬は数学でという提案をした。私流でいえば、目的や課題や問題を解決することは、例え人間関係であっても恋愛であっても数学で考察すべきだと考えている。

 つまり、世の中の全てにおいて数学的思考をすることによって、理解や解決がし易くなり再現性も高まるのではないかと考え、人の感情や心理についても同様だと考えている。

 さて、今日の本題は、乗馬は数学でということだ。

 何故、態々このことをいうかというと、多くの人がランダムであったり場当たりであったり、大凡計算というものがないのではないかと思えるような乗馬をしているからである。

 準備運動なるものは、何故準備なのかといえば、誰でも分かるように、何らかのゴールを目指して、ある法則に則って、このことをすれば必然的にこのことが良くなるのではないかと考えてするものだから、ここに数式や法則がないことが考えられないんである。

 例えば、ロープサークルでは、どのようなムーブメントやモーメントによるロープ(駈歩)が望ましいかを特定する。
それは、馬体の対角線上と重心上を運動エナジーが通過することを以て、ロープをすることを望ましいと考える。

 従って、準備運動(Preparation)として、常歩(Walk)や速歩(Trot or Jog)で、馬体の対角線上を運動エナジーが通過するように矯正しながら運動をして、ロープサークルにおいて望ましいムーブメントになるように行う。
 そして、このとき、肩や後肢の動きや重心と後肢の運歩の着地位置の関係性などについて、様々な抵抗や柔軟性や反応などについて良好になるようにエクササイズをして、これらをより良くしたり改善したりする。
 そして、これらのエクササイズにおいて一貫していることは、馬の反応に対して、ライダーが望むことに合致すればプレッシャーを解放し、抵抗や不良な反応に対して、より強いプレッシャーを掛けるということだ。

 以上のように、フィジカル的エクササイズにおいても馬のメンタルにおいても、望ましいムーブメントに向かって何らかの法則に従って準備するということである。

 これに対し対処療法として、何らかの馬の反応に対して、求めに反すればこれを矯正し、合致すればプレッシャーを解放する一貫性を以て対処するのは、一つの法則に従った行動だということができるが、馬のメンタルに訴えているだけで、準備運動たり得ないのである。

 何故なら、馬に対する要求が示唆されずに結果においてのみ、プレッシャーとリリースがあるだけで、馬にしてみれば結果がいいか悪いかを理解できても、その過程において何が良好で何が良くないのかを、特定することは困難なのだ。

 運動エナジーが、馬体の対角線上を通過するには、そのための馬の体勢(Posture)が作られなければ、かけたプレッシャーが望むベクトルを示すことができないので、先ず体勢を作らなければならないので、その体勢を作るために、どのように推進と抑制を、組み合わせをすればできるかを特定して、準備運動をしなければならない。

 推進と抑制を組み合わせるということは数式そのもので、この二つの力の交わる角度やそれぞれの力の大きさなどを計算し、数式に当てはめて答えを出さなければならないのである。

 ライダーが、数式や法則に則って準備をしようと思えば、何らかの一貫性が生まれるし、出た答えに対しても論理的に考察する傾向になるから、考え出した数式や法則は、やがて精度が上がり数式や法則として確立されるのである。

 しかし、対処療法では、一貫性があればまだましだが、一貫性はライダーの技量に大きく左右されるから、一貫性が危くなると馬は益々混乱してしまうのである。

 数式や法則でものを考えれば、ライダーの技量に関係なく、一貫性が生まれ、結果に対しても数式や法則を吟味するようになるので、誤作動を矯正しいい数式はより改善して良好になるので、向上しないようにすることさえ不可能なのである。

 しかし、多くの人が、上達が遅かったり、課題や問題から脱出できなかったりするのは、ものごとに対して数式や法則を仮説として立てて、対応しようとしないからであって、その人の技量の問題ではないのだ。


 
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード