FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:05 Temperature 23℃ Humidity 70% 曇り June 12,'14(Thursday)

 中々天気がすっきりしません。この季節なら当たり前ですが、金曜日にすっきりせずに土曜日からいい天気になりそうです。

 気温が高くないものの湿度が高いので、蒸しています。

 馬場は、不良です。



 「分岐点」

 分岐点というと、進むべき道が三叉路になっていることを思い浮かべる。しかし、ここでいうところの分岐点は、峠というイメージで、頂点であって、その頂点を越えないとあらゆる展開が開けないという意味である。

 何かを求めて行動すると、必ず分岐点を感じる。これを越えないと次の展開が見えないと思う。従って、取り敢えずの目標やゴールということになると思うかも知れないが、目標やゴールということにはならないのである。

 では、目標やゴールは、その峠を越えた先にあるのではないかと想像する。

 勿論、目標やゴールは、形あるものとして認識しているが、目標やゴールを設定した段階では体験したことのない世界なので、分からない景色に違いないわけだから、峠(分岐点)を越えた先に見えるものがそうである(目標やゴール)に違いないと想像するのである。

 さて、皆さんはその峠を感じることはあるのだろうか。

 感じるのであれば、その峠を当面越えるためにものごとに取り組めばいいということになるが、感じることがないとすれば、峠が具体化するように、今やっていることの限界に挑戦することだ。

 妥協したり諦めたりしたことを思い返して、自分が何処で妥協しているか、何処で諦めて折り返しているかを確かめる。
確かめることができれば、そこが峠であり分岐点だと思えばいいのである。

 しかし、本当にそこが分岐点であるかどうかは分からない。本当にそこが分岐点の場合もあるが、妥協したり諦めたりして折り返している人の多くは、自分勝手に思い込んでいるので、本当の分岐点であることは少ない。

 取り敢えず、諦めたり妥協したりして折り返しているポイントを分岐点だと思って、その折り返し点を如何に超えられるかに取り組んで、知恵を絞ってとことん仮の峠を越えるべくやり遂げることだ。

 仮の分岐点であり峠であるという認識が必要で、何故なら本当の分岐点であればこしたことはないが、この仮の分岐点を越えることができたとしても、ゴールや目標に到達できなかった場合に、再び諦めたり妥協したりする選択をしかねないからである。

 飽くまでも分岐点を感じられない人にとって、妥協や諦めのポイントが見つかっても、本当の分岐点である確率が低いので、この分岐点を越えたとしても、目標やゴールに到達できないので、この時点において見つかった分岐点は、飽くまでも仮であるという認識を持つべきなのである。

 そして、仮の分岐点を越えてゴールや目標に到達できなくても、更に限界に挑戦すれば、本当の分岐点にぶつかることができるのだ。

 仮でも本当でも分岐点を越えるには、知恵が必要であって、技術や勇気が必要なわけではない。

 その必要な知恵とは、ものごとを分解する能力で、容易にできるまでに分解して、その容易にできることの精度を徹底して高めることで、この分岐点を越えることができるのである。

 しかし、勘違いしてはならない。

 容易にできることを徹底して精度を高めるということは、限界に挑戦しないということではない。分岐点を越えることができなければ、目標やゴールに到達することはないのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード