FC2ブログ

Arena Condition

AM 8:55 Temperature 25℃ 晴れ May 20,'14(Tuesday)

 今朝は、雲が多くて湿度が高めですので、明日の雨は確実になりそうです。

 今日一日は、いい天気のようですが、明日の一時雨がどうやら一日中雨になってしまうようです。

 馬場は、ベストコンディションです。

 お腹を怪我していた猫(Volt)が、治って戻ってきたので、暫く一匹になっていたPepperが、私を独り占めにできてハッピーだったのが、勝手が違って、どうも様子が変だと思っているような雰囲気です。

 Voltは、全く何時も通りでマイペースです。


  「思い違い」

 長いこと苦労してやっとの思いでできるようになって、「ようやく分かった」という思いに至ったのに、それが思い違いだったらどうだろう。

 できなかったことができて「なるほど」と思ったのだから、それが思い違いであるはずがないし、それを疑う気持ちにはなれない。

 しかし、このときに良く反応を細かく感じ取れるように神経を集中した結果、感じ取れるようになったので的確に指示することができて、結果が良くなった。従って、絶えず神経を集中してできるように努めなくてはならないと思うのである。
 問題は、この思い込みなのである。

 反応を事細かく感じ取れるようになったので、的確に指示できるようになって結果が良くなったのは、間違いがないことで正しいから、神経を集中することが大切なのだと思い込んでしまうのは、致し方ないと思える。
 従って、何時でも神経を集中できるようにならないといけないと思い込むのである。

 ところが、人間は、絶えず神経を集中できるようにはなれないのである。

 必ず神経を集中すれば、疲労するので、神経を集中しない時間が必要になったり、集中できなくなったりするもので、集中しようと思うから集中できない時間が生まれて、斑ができてしまうのだ。

 思い違いは、結果がいいときに、その要因を単純に思い込むことで生まれるのだ。

 この場合は、神経の集中だ。

 神経を集中して行動したから、結果が良くなった。従って行動するときは、神経を集中することが大切だと思い込む。このように思い込むのは、馬鹿だからで、とても愚かしいことなのである。

 神経を集中することで、反応を具(つぶさ)に把握でき、状況を把握できたので的確な指示ができたので、結果が良くなった。
 この過程において、注目しなければならにことは、状況を具に把握できて、そのために指示が的確になって、結果が良くなったということが事実で、状況を具に把握できることと的確な指示と結果が良好なことは、因果関係があることで、神経を集中することはその要因の一つに過ぎず、状況を把握するには、その他にも方法があるかも知れない。

 日常の生活の中で、人は概ね神経を集中しなくても不都合なくできている。何故できているのかを知る必要がある。

 予測や経験値が、状況の把握を鈍らせる要因で、知らない分からないという認識を持てば、状況を具に把握できるし、リアルタイムで正確にである。

 これまで、良くいってきたことは、「感じてから考える」「感じる前に考えない」で、できれば知らない分からないという認識を常時持って、行動することが重要なのである。

 どんなに経験を積んでも知識を持っても、知らない分からないという認識を持ち続けることができれば、予測や経験値で行動することはなくなるので、必然的に感覚神経が感じた情報を脳幹へ送信して、その感覚情報を脳は認識するので、神経を集中したのと同じことが起きるのである。

 見えているものを認識すると同時に視界に入っていない存在があることを認識する。知っていることを認識すると同時に知らない存在を認識する。理解できたと認識をすると同時に理解できていない存在を認識する。

 見えているものが全て、知っていることが全て、理解できていることが全てと思い込むことは愚かしいことだ。

 するということはしないということで、しないということはするということでもある。

 神経を集中するということは、集中していないことへは集中しないということだ。

 神経を集中して必要な情報へ意識を傾けることは、どんな感覚情報が必要で必要でないか事前には分からないので、状況を見落とす可能性を作るし、疲労感が生まれるので、結局神経が集中できなくなるのである。

 雑な人や斑のある人は、神経を集中している人ということだ。必要なことに適宜に対応できないのは、必要なことを認識できていないということだ。つまり、必要でないことに意識が向いてしまっている場合や、疲労感によって感覚情報を認識できなくなっている場合である。

 馬鹿な人とは、認識をコントロールできない人のことで、ものごとを知ればその知識を認識するが、唯それだけで、知らない存在を認識しようとはしない。この結果、ものごとを知れば知るほど馬鹿になるということだ。

 何を認識するかで、人の行動が決まり、賢さが決まるのである。

 見えたものとそれが見えることによって見えなくなっている存在を認識できれば、人は見えない部分をやがて見るようになれる。

 見えたことで、それ故に見えなくなっているものが何かを知らなければならないということではなく、見えた存在を認識すると同時に、その見えているものが障害となって見えなくなるゾーンが生まれるということを認識すればいいだけのことなのだ。

 思い込む間違いは、思い込むことによって思いの至らないことを認識することによって、防ぐことができる。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード