FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:55 Temperature 21℃ Humidity 23% 晴れ May 7,'14(Wednesday)

 今朝は、やっと平年並みの気温になって、とても良い季節になりました。

 連休は、如何お過ごしだったでしょう。

 大忙しの人も、のんびりできた人もいらっしゃるかと思いますが、今日からは、また日常の生活が始まったのではないでしょうか。

 我がランチは、何時もと何も変わりありませんでしたが、特にこの3日間は寒くて、昨日は暖房をつけたぐらいです。

 それでも馬場は、ベストコンディションで連休を送ることができました。週末の日曜日まではこのままの天気が続くようです。

 馬場は、ベストコンディションです。



 「思いつき」

 思いつきは、どこからやってくるのだろうか。

 願いは叶うとか、叶わない夢はないとか、努力は必ず報われるとかと叶いを遂げた人達はいっている。

 目的や夢が叶う前に、「思いつき」がある。

 何かがきっかけとなって、何かを思いついて、その「思いつき」を試してみると、長年追究してきたことが分かったりできたり光明が見えたりする。

 その「思いつき」は何故生まれて、どこからやってくるものだろうかと不思議だ。

 日常の生活に関係なく「思いつき」が生まれてくるわけではなさそうだ。しかし、普段の考えの方向性と整合性があることばかりを思いつくわけでもない。

 確かなことは、追究しようとしたり、何としても獲得したいと思っていたりして、取り組んでいると「思いつき」が生まれてくる。

 人は、何かをやっているときや考えているとき、何かをやっている人になり、何かを考えている人になる。まるで役者が、与えられた役になりきっているようにだ。
このとき自意識は、どうなっているのだろうか。

 自意識とは、今何を思って、何をしようとしている自分を認識するということだ。

 幽体離脱のように、自分の状態をリアルタイムに俯瞰する自分がいるということだ。

 人前で何かをやるときに、恥ずかしいと思ったり緊張したりするのも、この自意識があるから起きる現象だ。自意識を失ってしまえば、人前で何をしようとも丸裸になろうとも、恥ずかしいと思ったり緊張したりはしない。

 私は、子供の頃からこの自意識を強く持つ人だったのではないかと思う。

 人の視線を感じたり、知人がどのような印象を自分に対して持ったりしているのかなどと、思っていると同時に、このように思っている自分を認識している。

 役者が、役になりきるということを良く聞くが、役になりきってしまって自分が亡くなるということができるのかも知れないが、そんなことになれる役者は、二流なのではないだろうか。

 役を演じている自分が見えなければ、観客からどのように見えるかを演じながら同時に意識できなければ、観客を感動させたり騙したりすることはできないのではない。
 自意識を持てば、当然人前で演じているときに、恥ずかしく感じたり緊張したりすることになるものだが、自意識を持ちながらも羞恥心や緊張を克服しなければならないことになる。

 芸人が、人前で恥を捨てて芸をやるというが、恥を捨てている人の芸は二流で、自意識を堅持しながらこれらを乗り越えて芸を見せるから、人を感動させることができるのであって、自意識を捨て去って役になりきったり恥も外聞もない芸をしたりしているのでは、単なる変人でしかない。

 自意識は、リスクが付きまとう。しかし、自意識を持つことによって、自分が行動したり考えたりしている自分を俯瞰することができて、考えた先のことや行動の先を展望しながらいると同時に、この姿を認識している自分が存在することによって、「思いつき」が生まれるのではないだろうか。

 ものごとに熱中しても、忘我してはならないのではないだろうか。

 色々な人に、自意識について議論を投げかけてみたが、行動しているとき考えているとき、そのときの目的に没頭していて、何が心に浮かんで、ふと誰かが自分を見ているなどと思った自分を認識することは極めて少ないらしい。

 子供頃や若い頃この自意識は、とても厄介なものだった。

 上手く表現することはできないが、人前でお茶を飲むのに眉が引きつったり、唇が緊張して震えたりしたとき、そんな状態になっている自分を、相手に気付かれてしまうのではないかを思って、益々緊張してしまう。そして、その状態を、はっきりと見ている自分がいるのである。

 そして、ある時期から、緊張して震えたり眉や唇が引きつったりしなくなったのは、自意識を捨てられるようになったわけではなく、自意識を持ったまま、その渦中で知恵を使う工夫やものの見方を会得したからだ。

 だからこそ、何かを考えたり行動したりしているとき、熱中していてもそれを俯瞰している自分を、生み出すことができたのではないだろうか。

 自分を絶えず俯瞰することができるから、「思いつき」が生まれる。

 誰でも、自分を俯瞰しているときがあるし、考えたり行動したりしているときに、そんな自分を認識しているときがあるものだ。しかし、偶々自意識を持つというだけでは、必要なときに自分の姿を見ることはできず、必要なときは、悪戦苦闘しているときや失敗を繰り返しているときなどの、精神状態が平静でいられないときなのだから、訓練して、絶えず自意識が持てる自分を作らなければ、その自意識は弊害になるだけで有益に機能しないのである。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード