FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:20 Temperature 25℃ Humidity 26% 晴れ May 2,'14(Friday)

 今日は、夏日になるほど気温が上がるようです。既に25℃ありますので暑さを感じます。少し動けば汗ばむような感じです。

 馬場は、未だ不良ですが、今日一日で全面回復する予定で、明日からの連休を迎えるつもりです。

 明日から4連休です。

 いいコンディションのお休みになりそうです。


 「Mustますと」

 私は、何ごとにおいてもマストが最初に頭に浮かぶ。最低限として、何をすればいいかであり、何をしなければならないかであり、何ができればいいかであり、何ができなければである。

 マストが頭に浮かぶとは、マストが何であるかを分かるということではない。マストが何か?という疑問符が頭に浮かぶということだ。

 何をしようとしても、最低何ができればそれができるのかを知りたいと思い、必要最小限のことが分かれば、そのことを可能にすればいいわけで、無駄な労力を使わずに済むし、最短時間で最短距離で効率的にできるということだ。

 そのマストが何かは、簡単に分かることもあるし、中々分からないこともあり、分かっても分からなくても分かりたいと思い続ける。

 ものを持ち上げるには、そのものの重さを超える筋力があればいいし、自転車に乗るには、自転車の上でバランスが取れればいいし、バスケットボールも、ベースボールもサッカーも、卓球も、全てのことを、自分ができるようになるには、絶えず必要最小限のことは何かを知ることができれば、容易にできるようになると思う。

 乗馬もまた、乗馬における必要最小限とは何か?という疑問は、長年の懸案である。

 乗馬に関しては、未だにそれが分からないのが正直な話で、このことが分かれば、乗馬を始めた人は必要最小限のことを練習すれば、最短時間で無駄なく乗馬をマスターできることになる。

 乗馬をマスターできるかどうかは、難しい問題だが、初心者が何らかの道筋を見出して乗馬を楽しむことができるようになるのではないかと思う。

 盲目めっぽうにインストラクターのいうことを聞いて、何となくやって内に、何とか馬に乗れるようになって、その頃に馬に乗ってやりたいことを志すようになるというのが、大方の進み方ではないだろうか。

 こんな調子では、全くの偶然でしかなく、何が何だか分からずに乗馬を止めてしまう人が、続けている人の100倍も1000倍もいるはずなのだ。

 乗馬におけるマスト考えてみたい。

 乗馬は、ライダーが、馬の背中で馬の動きを、コントロールするスポーツであることは間違いない。

 馬の動きをコントロールするには、ライダーが馬に対してイニシアティブをもった関係性を築かなければならない。

 自転車やボートや自動車のような乗り物と乗馬の違いは、普通は相手が道具か命ある動物かということを上げるだろうが、そんなことではなく、駆動力をライダーが発揮することができずに、飽くまでも馬が駆動力を発揮しているということだ。
 乗っている人が、自転車はペダルを踏んで駆動しているし、ボートはオールを漕いで駆動しているし、自動車はアクセルを踏んで駆動しているが、乗馬は、脚で馬のボディを叩いてもレインを引っ張っても、支点と力点が馬の体に位置しているので互いの力が相殺されて、駆動には一切関係しないのである。

 ライダーが物理的力でできることは、馬のフィジカルのパーツとパーツの距離を、近づけたり遠ざけたりすることである。首を曲げて、頭と後肢の距離を近づけたり遠ざけたりすることができる。
 つまりライダーは、馬体の曲げ伸ばしを支点と力点の物理的作用でできるということだ。

 ライダーは、馬体の屈伸を、縦方向と横方向とで、支点と力点における物理的作用を以てできるということである。

 以上のような論理から、ライダーは、馬をコントロールするために、メンタル面ではイニシアティブをとり、フィジカル面ではフィジカルの屈伸を支点と力点の物理的作用でできるようになることが、必要最小限できなければ、乗馬において馬をコントロールすることができないということになる。

 つまり、乗馬におけるマストは、ライダーが、馬体の屈伸ができ、精神的では、イニシアティブを取れるということだ。

 ライダーが馬に対してイニシアティブを取るには、緊張と緩和、つまり精神的緩急がライダーから与えられるという認識を馬が持つことだ。

 馬体を屈伸するには、馬体に2方向のプレッシャーをかけて行い、レインを引きながら推進することだ。

 そして、精神面でのイニシアティブとフィジカル的に馬体を屈伸することを同時に行う。

 ライダーのマストは、推進と抑制を、自らの体重を推進に、レインコンタクトを抑制力として、馬体を屈伸し、馬体が屈伸したときにプレッシャーをリリースするようにすれば、馬体の屈伸とイニシアティブを同時に得ることができる。

 また、ライダーがイニシアティブを取るには、馬の予想に反することを要求して、要求に応えたときにプレッシャーをリリースする。そして、予想をさせないように同じ所で同じ要求をしたり、同じタイミングで同じことを要求したりしないことも重要だ。

 従って、乗馬におけるマストは、馬体の屈伸とイニシアティブを取ることを、ライダーができるようになることだから、乗馬を始めた人は、馬体の屈伸ができるように練習することが優先されなければならないことになる。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード