FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:45 Temperature 13℃ Humidity 55% 霧雨 April 18,'14(Friday)

 今朝は、霧雨が降っていて、一日中こんな天気らしいですが雨は大したことないようです。

 今現在は、馬場がうっすらと湿り気で濡れているように見えますが、人の足跡でも真っ白く乾燥した砂が見えてきます。

 馬場は、ベスト状態です。


 どうも人間は、常識の部屋と特別な部屋の2つを以て生活しているようで、その常識の部屋と特別の部屋とは互いに関連していて、常識の部屋がレベル5であれば、特別室はレベル7というように、そして一般の人は、常識の部屋でレベル3で、特別室でレベル5ぐらいで生活しているもので、もし常識の部屋で最高のレベル5で生活すれば、特別室でレベル8になる可能性を持ち、特別室でレベル最高のレベル7で生活すれば、常識の部屋のレベルが6に上がる可能性を持っているのです。

 つまり。どちらの部屋でも最高レベルで過ごすようにするだけで、もう一方の部屋のレベルが上がる連動性を持ち、もう一方のレベルを上げない限りもう一方の部屋のレベルも上がらないということです。



 「2つの部屋」

 我々は、最低2つのカテゴリーに分けられる部屋をもって生活をしている。

 その2つの部屋とは、リビングルームとしての共有の部屋と自分の部屋であるプライベートの部屋といったものだ。これを仮に常識の部屋と特別室ということにする。

 常識の部屋が5のレベルであれば 特別室はレベル7で、レベル10とか20とかいうことはなく、特別室のレベルが7であれば常識の部屋がレベル10とか20ということはないというような関連性を持ち、どちらの部屋のレベルが高いかどうかは その人のそれぞれで、それは問題ではない。

 そして、普通の人は、常識の部屋の最高値がレベル5であれば、レベル3で生活し、特別室の最高値がレベル7のところレベル5で生活している。
 これらの2つの部屋は、特別室の最高値で行動すれば、常識の部屋のレベルの最高値が上がり、その逆もまたあり、常識の部屋の最高値のレベルで行動すれば、特別室のレベルもアップさせることができる。

 従って、特別室のレベル最高値である7で行動して、何らかの上達や躍進があれば、常識の部屋のレベルの最高値が5から6または7に上がる。そして常識の部屋のレベルが7に上がったのでレベル7で行動して、何らかの上達や躍進が得られれば、特別室のレベルが7から8や10にまで上がる。そしてまた、特別室でレベル10の行動をして躍進できれば、常識の部屋のレベルが8や10にまで上がる。

 以上のような連動性がこの2つの部屋にはあり、どちらかの部屋をレベルアップしない限り片方の部屋のレベルアップもせず、常に片方の部屋の最高レベルで行動して何らかの躍進が得られれば、もう一方の部屋のレベルが上がり、レベルアップした部屋で最高値のレベルで行動して、更なる躍進を遂げれば、もう一方の部屋のレベルを上げることができる。

 しかし、片方の部屋だけで最高値のレベルで行動するだけでは、もう一方の部屋のレベルが一段階上がるが、その上がった方の部屋のレベル最高値の行動をして躍進しなければ、片方の部屋のレベルもアップしないのだ。

 つまり、常識の部屋のレベル最高値が5で、特別室のレベル最高値が7の場合、特別室でレベル7の行動をして何らかの躍進を遂げるものの、常識の部屋ではレベル3までの行動しかせず何の躍進をしないでいれば、特別室のレベルが7から上がることはないということだ。
 また、その逆の常識の部屋でレベル5の最高値で行動し、何らかの躍進を遂げても、特別質ではレベル5で行動したままで最高値であるレベル7で行動せずに躍進することができなければ、常識の部屋のレベルが上がることはないのである。

 常識の部屋を環境、特別室を個人の能力とも置き換えることができる。

 能力が7あっても全力を使わずに、何ら躍進を遂げずに生活していれば、環境も劣化することはあっても向上することはなく、全力を以て行動して何らかの躍進を遂げることができれば、環境が変わり、環境が変わることによって望まれたり恵まれたり、用意される道具も準備される態勢も良くなり、この環境が向上することによって、能力を発揮しやすくなるから能力が上がる。そして、能力が上がるから結果が変わり、結果が変わるから環境が変わる。環境が変われば、更に能力を発揮して結果を向上させることができるということだ。

 幸運に恵まれれば、常識の部屋や環境が自然に向上することがあるかも知れないが、特別室や能力の最高レベルで行動して、結果を向上させなくては、常識の部屋や環境のレベルが上がるということはない。
 自らの能力や特別室でのレベルの全力を尽くして、現状を打開しなくては、環境も結果も躍進することはない。

 全力を尽くさずして、事態を改善できないことを嘆いても仕方なく、自らの能力で容易にできることに挑戦せずに、難局を克服できないと考えてしまう。

 同じ行動でも、環境の違った世界でするのでは、全く結果は変わる。しかし、環境の方から都合良く変わることは希だ。

 能力を全開して行動すれば、必ず今の状態を変えることができるのに、出し惜しみをしている内に、今が自分の能力の限界だと思い込んでしまう。精一杯やっているのに何も関わらないと思うのである。

 また能力全開とは、一所懸命やることとは違う。
考えている方向性は?実際にやっていることは?という疑問を持って、できることをやっているか?徹底しているか?ということである。

 常識の部屋と特別室の2つの部屋を誰もが持っているのに、特別室が自分の部屋で常識の部屋は自分の部屋ではないと思い込む。常識の部屋は、隣人や家族や友達との共有するスペースではあるが、自分がもつ特別室が作り出している部屋なのである。

 例えば、周りの人達が自分に対してする態度や扱い、友達や隣人の存在もまた、自分が作り出しているもので、自分の能力を以て出す結果によって形成しているのであり、その環境もまた自分が持っている能力に非常に関係していて、自分が出している結果も能力も環境が大きく関わっているのである。

 従って、我々は、自分のできることを全知全能使って、今の結果を変革しようとしなくてはならない。そして多少の変革を見たとき、環境を変えようと思ったり環境が変わったりしたかを見ようとしなければならない。

 できることをやらないで結果を変えることはできないし、多少結果が変わっていても、それだけに拘って環境を見ようとしなければ、やがて挫折や絶望感に襲われて、意欲を失いやがて劣化してしまうから、やることも精一杯やらなければならないが、多少の変化を見たときに、周りを取り巻く状況もまたイーブンに見て、状況の変化に対応するように能力を発揮しなくてはならない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード