FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:25 Temperature 6℃ Humidity 69% 曇り December 27, '13(Friday)

 昨夜から降り始めた雨が意外に降って、一旦止んだのですが夜中に再び降って、馬場が不良状態になってしまいました。

 そして、今はすっきりとしない空模様で、とても湿度のあるもやっとした状態です。

 年末年始は、30日が月曜日なので、12月30日(月) 31(火曜日) の二日間お休みします。

 そして、元旦から営業します。

 2014年最初の定休日は、1月6日の月曜日です。

 今年11月から、毎週土日に午後に始めたレッスンが、受講して頂いた方には大変好評で、大変嬉しく関し申し上げます。

 今までは、講習会といっても、デモンストレーションクリニックで、受講者には観客席で見てもらうというのが多かったのですが、今回のレッスンは、受講者の皆さんに騎乗して頂いて、実技の講習会としてスタートしました。

 これまで、9回開講して、毎回5~6名位の参加を頂きました。

 毎回何か一つか二つをテーマにして、取り組んで頂きました。

 これまでのレッスンのテーマは、以下の通りです。

 The Day 1st 11月23日 レインコンタクト

 The Day 2nd 11月24日 レッグプレッシャーと馬の反応

 The Day 3rd 11月30日 ポジショニング

 The Day 4th 12月1日  ハウトゥストップ

 The Day 5th 12月7日 バックアップ

 The Day 6th 12月8日 ガイド

 The Day 7th 12月14日 ガイド

 The Day 8th 12月15日 ガイド

 The Day 9th 12月23日 ショルダーコントロール

 以上です。






 「ガイドとベンド」

 Guide and Bend ガイドとベンドとは、誘導と屈曲ということである。

 もの動きをコントロールすることがガイドであり誘導ということで、屈曲は、運動と与えたパワーとのギャップによって起きる現象だ。

 つまり、ものの動きをコントロールするということは、運動エナジーの方向(ベクトル)を変えるということで、最低2方向のパワーが交差することによって、その中間点にものが誘導されることである。

 そして曲がるということは、2方向の運動エナジーが交差し、互いの運動ベクトルが影響されずそれぞれの運動エナジーのベクトルが維持されることによって、ものが屈曲するということだ。

 ものの運動方向が転換するとは、最低2つの異なった方向を持つ運動エナジーが交差し互いに影響し合って、その中間点にものの運動ベクトルが転換することだ。

 一方ものが曲がるとは、最低2つの異なった方向を持つ運動エナジーが交差し、互いの運動ベクトルが影響し合わず維持されることによって、運動ベクトルの交差点でものが屈曲することである。

 つまり、最低2つの運動ベクトルが交わったとき、互いの運動ベクトルに影響しない間はもの自体が屈曲し、影響が始まると運動ベクトルが転換するということである。

 運動ベクトルが転換することとものが屈曲することとが、自然界で厳密に分かれて現象が起きるわけではなく、2つの運動ベクトルが交差したとき、全く運動ベクトルに影響がないということもなく、100%影響するということもないのである。

 もの自体が柔軟性を持っていたり屈曲するような機能を持つ間接や蝶番であったりすれば、その可動域の範囲で運動ベクトルに影響する度合いが小さく、鋼鉄や岩石などのように柔軟性が乏しかったり屈曲できる機能がなかったりする場合は、運動ベクトルが影響する度合いが大きくなるのである。

 我々は、この論理を知らなくても、日常の中でこれを無視してものの動きをコントロールしたり屈曲させたりすることはなく、理に叶った方法でものを扱っている。

 しかし、馬に乗ったとき、この理を理解していることがとても重要になるのである。

 初心者がレインを引っ張っても、馬を上手くガイドできないのを良く目にすることがあるが、その現象は、もの動きと屈曲との関係性において起きていることで、レインを引っ張っても馬の首は柔軟性を持っているので、馬自体の運動ベクトルに影響させることができず、馬をガイドすることができないというわけである。

 ところが、上級者は、馬をガイドしようとするとき、レインをただ引っ張るのではなくて、首の関節を固定してレイン操作したり、屈曲しない馬のショルダーにプレッシャーをかけたりして、馬の運動ベクトルに大きな影響を与えようとしているのである。

 ものが屈曲することと運動ベクトルの転換とは、密接な関係のある現象で、最低2つの方向性の異なる運動エナジーの交差によって作られる。互いの運動ベクトルが影響し合えば、その中間点に運動ベクトルは転換し、運動ベクトルに影響がなければもの自体が屈曲するということだ。

 厳密にいえば、2つのベクトルの異なる運動エナジーが交差したとき、もの自体の性質(弾力)に関係して反発する力が発生し、この反発する弾力の大きさに比例して運動エナジーに対する影響が大きくなる。
つまり、もの自体の弾力が大きければ、2つのベクトルの異なる運動エナジーが交差したとき、互いの運動エナジーに対する影響が大きくなって、運動ベクトルが大きく転換し、弾力が小さければ、ものが大きく屈曲するということになるのである。




スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード