FC2ブログ

Arena Condition

AM 10: 30 Temperature 15℃ Humidity 30% 快晴 November 14,'13(Thursday)

 今朝は、暖かく風もなくとっても爽やかです。

 馬場もやってベスト状態になりました。明日の揺るに傘マークが付いていますので、少し心配です。

 中々馬場が回復しなかった日が続きましたが、やっとベスト状態になりました。

 今日は、快晴です。


 「見ているのに見えない」

 物理学者の話だが、宇宙がどんな形をしているのかを解明することは大変困難で、それは家の中にいて、柱や壁や天井や床を見て、その家が外見上どんな形をしているかを解明することが難しいのと同じことなのだといっている。

 つまり、我々は、自分の行動や性格や癖などを知っているつもりでも、客観的事実とは、似て非なるものであったり、全く違うものであったり、全く見えていなかったりするものだということである。

 しかし、宇宙の世界から出て宇宙を見ることが叶わないように、我々は自分から脱して自分を客観的に見ることは、宇宙の外に出ることよりも不可能な話なのである。

 渦中にあってその渦を知ることは、必須であるにも関わらず困難な仕事なのである。

 但し、その術がないわけではない。

 物理学者の英知を駆使して、宇宙の実態を把握しようとするように、我々自身を客観的に知ることもまた、方法がないわけではないのである。

 ここでいうところの自分を知るとは、単に自分の性格や癖や能力等や持っている哲学を知るというだけでのものではない。

 哲学や性格や能力を単にと表現したのは、本来知るべきは、そんな大それたことを知るということではなくて、自分の手足の動きのことなのである。

 私の考えでは、自分の性格や持っている哲学や癖などを知るなどということは、自分の手足の動きを把握できていない人には、必要ないことだし、必要だとしてもできないことだから、先ず手足の動きを把握しなくてはならないということだ。

 誰でもが自分の手足に動きは、動かそうと思っているときは把握できていて、反射的だったり無意識だったりしているときは把握できていないと認識しているに違いない。

 しかし、実際は、反射的だったり無意識だったりするときの手足の動きを把握できていない人は、意識的に手足を動かしているときも、把握できていないのである。

 この意識的の意識とは、手足を動かす目的であって、手足を動かしている筋肉や腱や神経そのものではないのである。手足を動かす目的とは、ものを動かすということであったり動いているのを止めたりするということなのである。

 目的は意識するものの、実際に手足そのものの動きを意識下においているわけではないのであり、反射的動きであれば尚更のことである。

 要は、自らの手足の動きを把握するとは、家の中にいてその家の形や構造などを把握するのと同様で、それら、自ら把握している接触感と実際の動きとの誤差を一々検証して、得ている感触が客観性を持つようになることが、唯一の方法なのである。

 感覚の客観性の精度を高めるには、もどかしいようでも一々手足の動きについて、自分が持っている認識と実際上の動きとを絶えず見比べることで、見比べる工夫を施し、怠ることなく実際上と認識との誤差をなくすことに努めなくてはならない。

 知識を記憶して多くの学識を得たとしても、決して自分の手足の動きを把握することはできない。感覚は訓練されず、感覚が鍛錬されてこそ感性が豊かになり、感性が広めた学識や経験や見聞などを活かし、これを駆使して活動することで、成すべきことをなすことができるということなのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード