FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:15 Temperature 8℃ Humidity 33% 曇り November 12, '13(Tuesday)

 日差しがあるものの、雲が暑いです。ついに気温が一桁になりました。冬がドンドン押し寄せてきます。

 全てのものの動きが鈍ってきます。

 メダカも水温が下がって、一気に食欲がなくなります。

 馬場は、昨日大分回復して全面的にやや重状態になったのですが、午後にほんの少しの時間降った雨が結構な量で、一気に不良になってしまいました。

 折角雨で荒れた馬場を、一生懸命何回も砂を盛ったり均したりと整備したのが、水の泡です。

 残念。



 「新猿の惑星 時空間」

 この題名で、いいたいことが上手く伝わるように、記事が書けるかどうか自信がない。

 在る地点まで幾つかの道路を曲がったり直進したりして、1時間かけて走ってゴールする。

 予め道順や大凡の距離や下り坂とか上り坂とか混雑状態とかの状況などを調べて準備し、実際に走ってゴールを切る。

 この1時間の時空間を、人は成し遂げたときに、どのように記憶するのだろうか。

 呼吸の状態や、足の裏に伝わる道路の状態や筋肉や体力の消耗の具合などと、道順や風景等と、スタートからゴールまでの自分自身の心に思い浮かべたことなどを記憶する。

 そして、ゴールした後に、予め調べたときの情報と、実際に走ったときに得た様々な情報とを比べて、その誤差や抱いた印象とを加味して記憶する。

 時空間の記録として、この記憶がファイルされるのだ。

 1時間をゴールに向かって走る場合の時空間は、大凡こんな感じだろうと思う。

 1輪車に乗れるようになる場合や、ゴルフでラウンド100を切るとか90を切る場合や、机や椅子を作ったり、ダイエットをしたりして体重を10kg減量する場合などにおいての時空間は、どのようになるのだろうか。

 予め調べるまでのことをしなくても綿密に事前調査をしたとしても、行動する前に何らかのイメージを持って、実行しこれらのことが達成したとすると、1時間走ってゴールを切るのと同じように、時空間が記録されるのだろうか。

 これらの過程において、辛かったり愉しかったりした様々な感情の起伏や心地よかったり苦しかったりした息づかいや、足の裏や指先に感じた接触感や、筋肉の張りや躍動や疲労感や、進歩せずに虚脱したり落ち込んだり、ドンドン進歩して肉体も精神も躍動したり喚起したりするなど、そして目的を達成する。

 すると、予め抱いたイメージや事前に調べた情報などと、実行して得た様々な情報とを精査して、この挑戦のスタートから達成するまでの時空間が埋められるのである。

 時空間が埋められるという表現をしたが、実際は時空間が誕生するというべきかも知れない。

 馬に乗って駈歩でサークルを描く場合、スタートの合図を送って駈歩発進を促し、馬が一歩二歩とステップして駈歩へ移行し、サークルを描く。
 この場合、駈歩発進の合図を送ったときから馬が駈歩をしてサークルを描くまでの時空間は、どのように生まれるのだろうか。

 この時空間が、人によって全く違うのではないだろうか。

 極論すれば、時空間を創造せずに、胴体がなくて頭と尻尾だけの犬のようにスタートとゴールだけで、スタートを促すための合図を送ってから後は、サークルを走っている馬に乗っている自分がいるといった感じで、スタートとゴールしかないのである。
 つまり、スタートの合図を送ってから馬が駈歩をしてサークルを描くまでの時空間がない人がいるということである。
 時空間が誕生しない人がいるといった方が良いのかも知れないのである。

 このスタートの合図を送ったときから馬が走ってサークルを描くまでの間に、脚で感じた馬の横腹への接触感や駈歩までの馬のステップや息づかいや、そのステップに動かされるライダーの体の揺れやアンバランス感や躍動感、そしてこの間に様々なことを想念した思いの一つ一つなど、これらのことが在ってこそ時空間として存在するのであって、
 これらの記憶や実感がなければ、その人にとってその時空間は存在しないということなのである。

 人は、何ごともスタートからゴールまでの時空間を、ゴールをイメージしてスタートするもので、そのときにどれだけの時空間を誕生させるかを重視せずに、正しいと思えるゴールを切ったかどうかだけに拘束されて、結果がどうであったかばかりに縛られてしまうから、時空間を生きていないということもできるし、その人にとってスタートからゴールまでの時空間が誕生していないということもできるのである。

 事前の時空間は次の時空間を生むという関係性を持っているから、連続する時空間によってものの変化が生まれるのに、時空間の連続性がないということは、頭と尻尾しかない犬のようなものなのである。

 つまり、ここでいうところの猿の惑星とは、頭と尻尾しか存在しない惑星ということなのである。

 つまり、時空間が存在しないということなのである。

 人は、自らがその時空間を生むことなしには、永遠に時空間がその人にとって存在しないということなのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード