FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:30 Temperature 35℃ Humidity 32% 晴れ July 23, '13(Tuesday)

 猛暑が戻ってきました。

 じりじり暑いです。

 馬場もからからに乾いています。明日は天気が崩れるようです。

 馬場は、ベストコンディションです。




 「間違った概念」

 知性と理性と感情との相関関係における一般的概念は、知性や理性が我々の行動をコントロールし、感情がこれを妨げていて、感情をコントロールできないのが子供であったり我が儘な人であったりという常識的見方をしている。

 つまり、我々は知性や理性が、我々の行動をコントロールしていて、感情を理性でコントロールし、社会のルールやマナーを守って生活しているという概念を持っているのである。

 人間の能力をIQの指数で示すやり方があって、知能指数といって子供の頃テストされた記憶があり、IQの高い人は才能があり頭がいいといわれてきたものだ。
 ところが近年は、IQよりEQの高い人が能力を発揮して、成功率が高いといわれるようになったのである。

 IQとは、Intelligence Quotient 知能指数
 EQとは、 Emotionally Intelligence Quotient 心の知能指数、 情動指数

 EQとは、心の知能指数とか情動指数といって、如何に感情をコントロールできるかを指数で現したもので、どんなにIQの高い才能がある人でも、感情をコントロールできない人は、プレッシャーのかかった局面や感情を左右されるような状況の中では、その能力が発揮できず、さほどIQが高くない人でも、EQの高い人は、プレッシャーのかかる大勝負や感情を揺さぶられるような状況の中でも、能力を発揮して成功する確率が高いという理論である。

 つまり、知性や理性が発達していて感情をコントロールできることが、実際上の人間の能力には密接に関係しているということなのだ。

 ところが私は、一寸違った考え方をすべきなのではないだろうかと思うのである。

 それは、感情が知性や理性をコントロールできるように教育しなければ、人間はハッピーになれないし、フラストレーションが溜まって心因性の疾患を来したり、能力を発揮すべきときに発揮して成功率を高めたりすることができないのではないだろうかということである。

 感情が、知性や理性を育むと同時にコントロールするように、人間は本来できている生き物なのではないだろうかということである。
 それを近代は、知性や理性を重要視するあまり、本来のシステムを取り違え逆転してしまって、知性や理性が感情をコントロールするような概念を持つようになってしまったのではないだろうか。

 知性や理性を高めて、感情をコントロールして偉業を成し遂げたとしても、つまり感情を抑制して偉業を成し遂げたとしても、感情が充足することが幸せを実感することなのに、感情を抑制して金メダルを取ったところで、本来の充足を得ることは難しいのである。

 そしてそれは、知性や理性は何が源になって育むのかと探索してみれば明らかになる。

 現代は、学校へ通って義務的に知性や理性を学ぶのが人間教育のシステムになっている。これが、知性や理性が先行して人間形成をしているような概念が生まれてしまうのであり、本来学校や教育のシステムが整っていない社会であれば、人間の向上心や欲望が知性や理性を育むのが自然なのである。

 つまり、感情が知性や理性を育むということなのである。

 裕福になりたいとか優位に立ちたいとかいうエモーションが、知性や理性を育むということで、エモーションが育んだ知性や理性を活用して業績を成すということである。

 人間は、エモーションを知性や理性がコントロールするという概念を持つから、エモーションが左右されるような状況下では、能力を発揮できなくなってしまうのであり、エモーションが知性や理性を育み、そのエモーションの望む目的を達成するために、知性や理性を活用するという概念を持てば、どんな状況下でも自らのエモーションを見失うことがなく、結果としてエモーションを能動的にコントロールしてしまうことになるのである。

 エモーションは、コントロールすべき対象と考えてはならないということである。
むしろ、エモーションが自分自身であり、そのエモーションが知性や理性を育んでこれらを活用して、目的を達成するのが本来の姿なのではないだろうか。

 目的は、エモーションが設定したターゲットなのだから、目的を達成されれば当然満足するのである。
しかし、義務や社会のルールとして育んだ知性や理性がエモーションをコントロールして、社会的常識として設定された目的を達成したとしても、自らのエモーションを押さえつけて達せられた目的は、フラストレーションの副産物でしかないのである。

 実際、自ら望んだ目的であれば、艱難辛苦に敢然と自らの身を投じて、進んで渇望に身を置くことができるのに、飽食の時代に心因性の疾患で悩みストーカーなる鬼畜に人間を貶めているのは、知性や理性がエモーションをコントロールしているという概念があるからなのである。

 本来、エモーションが知性や理性を育み、これを活用してエモーションを満足させる為に人は生きるのでないだろうか。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード