FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:25 Temperature 35℃ Humidity 28% 晴れ July 12, '13(Friday)

 今朝も強い日差しがじりじりと肌を焼きます。

 暑いですが、今日は湿度が低いです。

 馬場は、ベストコンディションです。

 15日が海の日でお休みですので、明日から3連休です。

 折角のお休みですから、熱中症に気をつけてエンジョイしましょう。



 「馬を良くする」

 馬を良くするとは、馬の反応を良くするということで、反応を良くするとは、馬のメンタルが絶えずライダーの指示する方向へと向かうベクトルを持ち、フィジカルは、柔軟性を以てプレッシャーを受け入れてその意味することを解して、これに応える動きを成す。

 第三者のメンタルのありようは、そのフィジカルの動きを以て知るしかなく、然るに、指示命令にために与えるプレッシャーに対して、その意味するところを解して、柔軟にこれに反応する動きを以て、メンタルとフィジカルの有り様を知る。

 つまり、ライダーは、馬のフィジカルが己の指示命令にためのプレッシャーに対して、柔軟に反応する動きを絶えず求め、これに応える柔軟性を以て、馬の反応の良否を判断する。

 従って、ライダーのレインハンドや脚のプレッシャーに対して、より柔らかく反応したかどうかで、馬が良くなったかどうかを判断するのである。

 そして、馬を良くするということは、レインを引いたときに少しの抵抗を見せずに、その引かれた方向へと柔軟に反応するようにすることであり、脚を当てたときに、そのプレッシャーの方向に柔らかくステップをするように反応させることにある。

 ライダーが、馬が良くなったかどうかを判断するには、レインを引いたときの指先で感じる馬の抵抗の程度を得る感触を知ることによってでき、脚を入れたときにその接触点において感じる感触でできることで、指示の目的が駈歩の発進であったり、進行方向の転換であったりしても、駈歩発進をしたかどうかや方向の変換をしたかどうかで判断するのではなくて、これらの指示をしたレインハンドや脚の接触感で、その反応の柔軟性を以て判断するのである。

 多くのライダーは、馬にさせる駈歩発進や方向転換などのことばかりを気にするあまり、レインハンドの指先や脚の脹ら脛やシートでの接触感がどんな感触なのかに気を配らない。
 従って、馬がどんな抵抗を見せたのか、反応が柔軟であったのかを知らなくて、駈歩発進をしたか方向転換をしたかだけしか見ず、馬が嫌々従ったのか進んで従ったのかを見落として、拒否反応が出て初めて気付くのである。

 我々は、馬とのコミュニケーションを指先や脹ら脛やシートの接触感で行っているのであり、その延長線上にマクロとしての反応である駈歩発進や方向転換があるのであり、接触感を飛び越えてマクロの反応だけを見ているのは、ノーコミュニケーションであり馬を良くすることはできないのである。

 足元を見ずに、遠くの山を見上げているのと同じなのである。

 ミクロを通してマクロを見、マクロからミクロを見出し、マクロを見たときに、ミクロの素因に分解し、ミクロを組み合わせてマクロを形成する。

 マクロを見てミクロを無視することも、ミクロを見てマクロを想像しないことも、片手落ちなのであり、両方をバランス良く見る必要があるのである。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード